埼玉の小顔矯正 エステはレミスティック埼玉

小顔矯正は東京の老舗小顔矯正サロン,審美小顔矯正のレミスティック東京へ,痛くない小顔矯正,元に戻らない小顔矯正,小顔エラ矯正,小顔面長矯正,小顔シンメトリー矯正

お客様専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-457-689

TEL.0495-71-7628

埼玉・東京の小顔矯正 エステはレミスティック埼玉・東京

小顔矯正は東京の老舗小顔矯正サロン,審美小顔矯正のレミスティック東京へ,痛くない小顔矯正,元に戻らない小顔矯正,小顔エラ矯正,小顔面長矯正,小顔シンメトリー矯正

blog

ブログ一覧

小顔矯正の正しい知識

2019.09.08

小顔矯正のイメージ

小顔矯正に対して抱くイメージといえば、ほとんどが、「小顔矯正は力づくでギューギュー押す」「小顔矯正は痛い」などのイメージではないでしょうか?
小顔矯正を行う際に、力づくで矯正を行う施術方法を続けている人、そういう先生に学んでしまった人は、力を入れない小顔矯正方法を知りません。
小顔矯正の施術者の90%、あるいはそれ以上の割合の施術者が、「顔を押す」施術で、ほぼ同じ施術方法を行っているのではないでしょうか?
「小顔矯正というものは、どのような方法であっても痛い」というのでしたら、私も、何も反論をすることもありませんが、「小顔矯正はまったく痛くなくても施術が可能」なのですから、正しい情報は流さずにはいられません。

小顔矯正の痛みと効果

痛い小顔矯正を受けたことがあるというお客様に、「効果を感じたか」「効果は持続したか」と質問をしたところ、95%のお客様は効果を明確には感じていませんでした。そして小顔矯正の持続性についてはほぼ100%のお客様が持続しなかったと回答しています。
「小顔矯正の施術効果を感じたかどうか」の質問に対して、効果があったと答えた人、または、分からないと答えた人に、更に具体的な回答を求めると、「痛かったから」「痛いのを我慢したから」「お店のスタッフさんが変わったと言ったから」と答え、どちらかといえば、小顔矯正の効果を自分自身に納得させる方向、言い聞かせる方向で受け止めようとしている感じでした。
レミスティック東京では、顔の形、顔の歪み、エラ、面長、輪郭などなど、お顔の容貌に関してご相談で小顔矯正施術を受けて頂くお客様に対しては、小顔矯正の施術を行う毎に写真を撮影しています。
お客様も施術者の私も、この写真が施術目安になる為、私にとってはカルテの代わりにもなりますし、目安的なの証拠写真にもなるので、「なんとなく効果があった」という気分だけの効果に終わらせません。
もっとも、小顔矯正の施術写真を見慣れていないお客様は、写真の変化を見つけることに慣れていないために、写真上で即座に変化を確認することが難しい場合もありますが、何回かの施術を重ねると変化も分かり易くなってきて、写真は小顔矯正の変化を感じる上で、良いアイテムになります。
小顔矯正に関しては「痛い」と「効果」は、まったく関連性がありませんので、痛いから効果がある・・・という概念は捨て去って欲しいものです

小顔矯正は痛いもの・・・そのイメージを、レミスティック東京は変えます。
小顔矯正に対してのお客様の固定概念を、レミスティック東京の小顔矯正施術を受けた瞬間に塗り替えるに違いありません!
レミスティック東京ではじめて小顔矯正を受けたお客様は、「これほどまでに力を入れずに小顔矯正ができるの?」と思うはずです。
二度、三度、小顔矯正を受けてもその感想は変わらないまま、お顔の変化に驚いてもらえれば嬉しいです。

小顔矯正の正しい施術

小顔矯正を受ける時に、お客様の目的はさまざまだと思います。
ちょっと小顔になりたいというお客様、エラ矯正がご希望のお客様、面長矯正をご希望のお客様、ハチ張り矯正をご希望のお客様、エラ矯正をご希望のお客様、輪郭矯正をご希望のお客様などなど、、、

これだけ、いろいろなご要望に対して、施術する部位が同じような部位であったとしたら整合性がありませんよね?
お客様のご要望を叶えるための施術方法が数多くなければならないはずです。
お客様のお顔は、人口の数だけ違うはずですから、世界中に何十億通りのお顔が存在するはずです。
同時に、世界中に何十億通りの「頭」が存在することになります。
一言で言えば、世界中の人口の数だけ、異なる頭蓋骨があるわけです。
頭蓋骨では分かりづらいとしたならば、足の形でも、手足の指の形でも、まったく同じ形の人が存在することはありえませんね?

小顔矯正で、「ほんのちょっと小顔になりたい」というご要望でも、施術に工夫が必要なのは分かって頂けたでしょうか?
顔ばかり押して、頭の形は無視してしまうとか、顔の状態も細かく確認しないで小顔矯正を始めてしまう…そのような小顔矯正は受けるべきではありません

このような小顔矯正サロンに注意

  • 小顔矯正のカウンセリングで顔しかチェックしない
  • 小顔矯正の施術の前、途中、施術後に顔を十分にチェックしない
  • 誰にでも同じ小顔矯正施術の方法で小顔矯正を行う
  • 小顔矯正方法が痛い

小顔矯正を受ける前に

小顔矯正を受けようと考えている、アナタ。
この記事に目を通してからでも小顔矯正を受けるのは遅くはありません!

小顔矯正の知識 顔の歪み

そもそも顔が歪んでしまう原因とは何なのでしょうか。
ネット検索で、「顔のゆがみ」または「顔の歪み 原因」などで調べてみて下さい。次のような、顔の歪み(ゆがみ)の原因に関する記事が出てきませんか?

小顔矯正の誤情報?顔が歪む原因

  • 頬杖をつく。
  • 噛み合わせが悪い。
  • 寝方の問題。
  • 片側ばかりで噛む。
  • 片側ばかりで足を組む。
  • カバンを持つ時はいつも決まった方の手や肩で持つ。

などなど、顔が歪む原因として、色々な情報が出てくるかと思います。
しかし、私が20年間、顔の矯正をしていて、これらのことが原因して顔が歪んだのかもしれない、と思ったこと、感じたことは一度も有りません。
では、顔の歪みはなぜ生じるのでしょうか?
私は、顔の歪みは生まれつきのものだと考えています

小顔矯正 本当の顔の歪みの原因

顔のゆがみ、頭のゆがみは胎児の状態で起こるなどの要因があるであろうという記事は、私の別のブログ記事でも書いています。
顔の歪みが、後天的、つまり生まれてから後、先ほど挙げたようなことが原因で顔が歪んでいくのだと仮定してみましょう。
この記事を読んでいる皆さんの、中学1年生の頃の顔写真と、中学3年生、またはその後の顔写真を比べてみてみましょう。
「顔が全く違う」と感じることは無いと思います。
もしも比較してみて顔が全く違うと感じた人は、第三者にも写真を見てもらってください。中には数週間、数ヶ月などの僅かな日にちの経過でも顔が全く変わってしまって見えるという人も居ないとは限りません。
その場合は、第三者に意見を聞いてみると冷静な回答がもらえるはずです。

人の顔は成長とともに多少の変化が起こるのは自然です。
けれども、その変化は皮膚などの組織の変化であって、顔の骨が歪でいくような骨格的な変化が起こるのとは違います。
それほど短期間で顔が歪むのは不自然ですし、例えば「頬杖をついていたから歪んだ」とするのであれば、右の頬杖を左に、またはその逆にして、頬杖のつき方を変えれば顔の歪みはなくなっていくことになります。
実際は、そのようなことは起こりません。

レミスティック東京のサロン内でも、お客様から「小顔矯正を受けるうえで、日ごろ気をつけることはありますか?」と尋ねられることが多いです。
小顔矯正でも、整体でも、私はお客様に対して、『特別、気をつけることはありませんよ。』それよりも、『何をして良い、何をしたら悪い・・・というこうとに気をとられて、逆にストレスを抱えるよりも、自然体で生活して下さい。』とお伝えしています。

結論として生活の中で◯◯をしているから顔は歪んでしまうということはないと言って良いでしょう。

小顔矯正 顔が歪む原理を考える

ここまで、顔が歪む原因についてを書きました。
次は、”顔が歪む原理”についてのお話を簡単にしておきましょう。

ポイントは、頭蓋骨は「ここからが顔」「ここからが頭」という区切りの無い立体的な構造だということです。
たとえば、意地悪な質問ですが「額(ひたい)は、顔ですか?頭ですか?」
鏡を見たときに見える額(ひたい)は、前頭骨(ぜんとうこつ)という頭の骨になります。
ですが、額は頭だから化粧水は塗らない・・・ということはありませんよね?

このように頭蓋骨を解剖学的に見ると、私たちが常識として日常的に考えている顔、頭とは少し違ってきます。

まずは、「顔」と「頭」は、前後でひとつの頭蓋骨と呼んでいます。
これは、小顔矯正として考えなければ常識中の常識でしょう。
けれど、小顔矯正として考えてしまうと、頭の側は施術の中から消えてしまって、顔だけを施術するのが小顔矯正と呼ばれて、顔だけの矯正施術が小顔矯正だという認識になってしまっています。

小顔矯正 頭と顔はひとつです

ご自身のお顔を鏡に映して良く観察してみて下さい。
あなたのお顔の裏側には当然、頭があります。
この頭の全体をゴムボールだと思ってみて下さい。

ゴムボールを地面において、真上から手でボールを潰すと、
ボールは横方向に伸びて横長の楕円形になりますよね?
ボールを真上から押した場合を考えると、ボールは左右に広がります。
左半円だけが広がって、右半円はそのままということはありません。

人間の頭部でも同じことで、ほとんどの人の顔は歪んでいます。
顔の右半分に歪みが多く見られる場合は、その反対側の頭部(後方から頭部を見た場合は、頭部の左半分)に歪みが強いということになります。
ゴムボールに話を戻すと、ゴムボールを上から押して、左右に広がったゴムボールの左側と右側は反対側、つまり対角線上にあります。
物理的な精度の高いお話ではなく、単純に考えた場合、ゴムボールが左右に広がるような力が加わったばあいに、対角に広がるといえます。
頭部を球体と考えると、顔の歪みが見える時、反対側(歪んだ側の顔の対角)の頭が歪んでいる、これが、私の小顔矯正の経験上の見解です。
シンプルにいってしまえば、顔が歪んでしまっているということは、頭部も同じように歪んでしまっている。と私は経験的に認識しています。

ここで、一つの私の結論を出します

小顔矯正 顔の歪みと頭の歪みは一体

顔の歪みと頭の歪みが一体であれば、小顔矯正を行う際に、小顔矯正を受ける際に、顔の矯正だけでは不十分なだけではなく、ほとんど意味をなさないと主張する理由が分かってもらえると思います

小顔矯正 顔幅の計測

時々、顔の幅を物差しのようなもので計測している画像を見かけることがありますが、顔に平坦な部分が無いので、左右に計測器具を当てても正確に計測することが出来ません。
まして、矯正の前に計測して、矯正後に計測した場合は、計測する位置そのものがズレてしまいますし、計測する道具も平行に当てることは目で見るだけでは不可能に近いので、正しくは計測されないばかりではなく、矯正前の数値と、矯正後の数値をお客様に見せる時に、矯正後の数値を小さく見せる手品のようなことが簡単に出来てしまいます。
こうして騙しのテクニックが施術テクニックをはるかに上回る施術者も居ると聞きます。顔幅を計測器具で計測された場合は疑うことをお忘れなく。

レミスティックの小顔矯正の考え方

先に述べたように、大前提として、顔、頭は別々のものではなく、頭蓋骨としてひとつの立体構造となっています。

そして骨のひとつひとつを見た場合に、
前頭骨(ぜんとうこつ)
頭頂骨(とうちょうこつ)
側頭骨(そくとうこつ)

など「頭部」の骨のひとつあたりの面積の方が断然、大きいので、
いろいろな意味で頭部へのアプローチが有効的で、痛みが発生しません。

お顔や頭部の矯正をイメージしていただくのはとても難しいことです。
例えるにしてもなかなか適切な表現が無いのですが、
顔、頭の歪み矯正は、洋服にアイロンをかけるのに似ています。
洋服のシワを取る時に、シワの大きな部分に直接アイロンを乗せてしまうような事はせずに、
シワの少ない、シワが小さい部分から、徐々にシワの多い、シワの大きい部分へとアイロンを掛けて行きますよね?
顔、頭の矯正方法として、
「頬骨が出ているから頬骨を押す」
「エラが張っているからエラを押す」
という方法ではなく、
「頬骨が高くなっている原因」の歪みや、
「エラが張っている原因」の歪みなど
を、少しずつ確実に矯正して行くのがレミスティック東京オリジナルの小顔矯正方法です。

アイロン掛けでも、シワの少ないところからシワの多い方へと少しずつ掛けていくかと思いますが、矯正でも同じことがいえます。
ですので、頬骨が出ているからと言って頬骨を直接押すというのはとてもナンセンスだといえます。

料金について

ここでレミスティックの小顔矯正のご料金設定について少し解説しましょう。
料金プランを見て頂ければ一目瞭然ですが、高額なプランから低額のプランまであり、料金に幅を持たせています

これは前述している通り、頭蓋骨が洋服で例えるならシワの多い・強いケースからシワが少ない・弱いケース、素材(骨)が矯正をしやすいケースとしにくいケースなど様々です。
ですから時間がかかる場合はご料金もお高くなりますし、時間があまりかからなそうでしたらその分低額で矯正を受けて頂けることになります。
詳しくは料金プランのページをご覧下さいね!

小顔矯正の内容を顔の悩み別に解説

基本的にレミスティックの小顔矯正では顔の歪みを改善していくことで、
理想のお顔へと変化させていくわけですが、お客様が目で実感されることとして、
左右の耳の高さ・目の高さ・眉の高さを揃えていくことで歪みを整えていきます。
ここでは良くあるお顔の悩み別に、具体的にどのような施術を行いながら、
顔の歪みを整えていくのかを少しだけお教えしていきましょう。

面長

面長な顔は、顔の縦幅が長い顔立ちのことを指しますが、
面長な顔の人の特徴として【おでこの丸みが少ない】というものがあります。
簡単にいうと(施術自体は決して簡単ではありませんが)、
おでこに丸みを持たせるように頭部から矯正をかけていくことになります。

絶対にやってはいけないのが、頭部と顎の両端から顔に強い圧力をかけて、
物理的に顔を矯正しようという方法です。
無理やり力を入れてしまうと、頭蓋骨に負担をかけてしまうことになるため、
痛みも伴いますし、それによって小顔にすることは難しいと思います。

面長矯正に関するより詳しい情報が載っている記事

エラ張り

小顔矯正のご要望の多さでイチニを争うであろう、エラ張りの矯正。
こちらも面長の矯正などを含めた、思わしくない矯正手法のひとつとして挙げている、
矯正したい部分に直接、圧力を掛けて矯正することは避けるべきだと考えています。
下はエラ

レミスティックでのエラ張りの矯正は、上の写真にある
エラの骨と連動している骨を矯正することで、結果的にエラ張りを改善するという手法を取ります。

頬骨の張り

エラ張りと同様の考え方で、頬骨部分をグイグイと押すような施術はしません。
頬骨の矯正においても、頭部からアプローチしていきます。

小顔矯正についてよくある質問

何事もそうですが、はじめて取り組むことって不安がたくさんありますよね。
特に小顔矯正は施術に対しての料金が多額なため、これから施術を受けようとしている人から多くの質問を受けます。
質問内容としては似ているものが多いので、よくある質問をここに記載しておきます。
同じような疑問を持っている方が多いと思うので、ぜひとも参考にして下さい。

小顔矯正を受けたお客様の声

レミスティックにご来院されたお客様のから頂く声で、顔の歪みが改善され、
小顔になったという結果以外で起こった良い効果をご紹介させていただきます。

これは私が中国の病院(長春中医薬大学第二附属病院)で、
中国の医師に矯正施術を施した後に医師とディスカッションした時の話ですが、『
頭蓋の歪みによって、頭蓋を包む組織の一部が圧迫されてしまうということは、
想像するのに難しくありません。
この歪みが改善されると仮定すれば、阻害されていた部分の血流がスムーズに流れる、
圧迫されていた神経組織が解放されるなどの結果も期待できるでしょう。

また、顔、頭の歪みが改善されることで顎関節の位置、歯の位置などが整って、
顎関節の動きや歯列に良い結果が出ることも考えられます。
更に、鼻骨の微妙な角度などが変わることで鼻腔が広がるとすれば、
鼻呼吸の改善も期待できなくはありません。
あるいは、研究が進んでいない、脳の様々な病変(うつ病など)に対しても、
効果が期待できるかもしれない』というコメントを中国側の医師から戴き、共同研究のお誘いも受けました。

共同研究のためには中国に移らなければならないなどなど、簡単ではない事情もあり、
残念ながら進んではおりませんが、少なくとも中国の医師の関心は高かったと思います。
レミスティック東京の小顔矯正を受けて頂いたお客様の声として次のような例が有ります。

・瞼(まぶた)の重さが軽減した、瞼が軽くなった
・目が開きやすくなった
・視界が開けた
・悩みだった頭皮の痒みがなくなった
・歯列矯正を行って生じた頭痛や顔のこわばりが改善した
・顎関節の異音が軽減した
・頭痛が解消した、あるいは軽減した
・鼻づまりが改善した、鼻で呼吸がしやすくなった

などなど、いろいろな声が寄せられています。
美的な要素としては、ヘアサロンでのヘアのセットが容易になった、
好きなヘアスタイルにすることが出来るようになった、帽子がかぶりやすくなったなどもあります。

※これらの改善例は、施術結果としてのお客様の声であり、
これらを目的とした医療行為や医療行為と誤解されるような矯正施術を行っているものではありません。

小顔矯正に関する私なりの考え方や施術方法などをお話してきたわけですが、いかがでしたか?
ご自身でイメージされていた小顔矯正と少なからず違ったものだったのではないでしょうか。
お会いして体験して頂くと、更なる驚きが待っているかと思います。

あなたのお顔がより綺麗になり、豊かな日々を過ごせるように私も日々お客様と向き合っておりますので、
ブログを読んで下さって、ご興味を持たれた方はぜひ一度ご連絡下さい!

小顔矯正「エラ矯正」と「ハチ張り矯正」

2019.09.08

こんにちは。

小顔矯正サロンレミスティック東京院長の安井です。

今回は、小顔矯正のメニューから、エラ張り矯正、ハチ張り矯正について書きます。
小顔矯正の中でも人気の高い、施術希望の多い、エラ張り矯正と、ハチ張り矯正ですが、
正しい知識を持たずに小顔矯正サロンを訪れるのは失敗のもとです。
皆さまが口コミや施術金額だけを見て、小顔矯正サロンを選んでしまって後悔しないためにも、顔のエラ張り矯正と頭のハチ張り矯正についての情報をご提供したいと思います。

顔のエラ張りと頭のハチ張り

顔のエラや頭のハチが張っている人で、気にしている人、困っている人、悩んでいる人は、どのようなきっかけから、エラやハチを気にするようになったのでしょうか?

〔エラを気にするようになったきっかけ〕
・小さい頃や、大人になってから、エラが張っていると、からかわれた
・友達と比べてエラが張って、顔が大きいと思った
・鏡を見ていて、顔のエラ張りを気にしだた
・親もエラが張っているから気になっていた

〔ハチ張りをきにするようになったきっかけ〕

・美容室や自宅で髪の毛をセットしていて、ハチの部分がうまくセットできない
・美容室の人にハチが張っていると言われた
・髪の毛を洗っていて、手触りでハチの張りが気になっていた
・鏡や写真で頭の形が悪いと感じていた

エラやハチが張っていることの顔の印象

エラやハチが張ることで、顔の印象は変わってきます。
どうしても、顔かたちが四角くなる傾向にあることから、怒った顔に見えたり、
キツイ性格に見られたりしがちです。
不機嫌でないのに不機嫌に見られたり、優しいのにキツク見られたりするより、
お顔は優しく、穏やかな印象が良いですよね。

顔のエラの対策のいろいろ

頭のハチ張りは、ご自身ではどうにもならないと思いますが、
エラに関しての対策には次のようなものがあります。
ただし、この方法が良いか悪いかは別です。

「エラ張りのセルフケア」

エラ張りのセルフケアとしては、骨格というよりも筋肉や脂肪を気にしての対策になります。
小顔ローラーなどの小顔矯正グッズも多数、出回っているようですが、セルフケアの中でも一番おススメしないのは、エラの部分をゴリゴリこする方法です。
エラ部分の筋肉が張っているからと、強くこすって刺激し続けることで、筋肉は更に固く太くなってしまう可能性があり、これでは頑張っただけ逆効果になってしまいます。
私も自宅でのエラ張りのセルフケアとして、何か良い方法は無いかと聞かれるのですが、血流をよくする程度のソフトなマッサージぐらいしか思い当たりません。
エラ張りは骨格的な問題ですので、セルフケアでは根本的な解決には遠いといえます。
「ボトックス注射」

美容整形外科などで行っているボトックス注射というのは、タンパク質の一種であるポツリヌス菌から作られた筋肉を弛緩させる作用がある薬を皮下に注射する方法です。
筋肉が緩んで、エラが目立たなくなるという直接的な処置であるメリットもあるかもしれませんが、効果、持続性には個人差があること、定期的な処置が必要であること、副作用があることなどのデメリットも有るようです。

当サロンにご相談のお客様にも、このボトックス注射を受けた経験のあるお客様がいらっしゃいます。
お客様から聞いた話ですが、ボトックス注射によるエラ張り解消を試みたものの、注射した直後は良いが持続しないため注射を続けなければならない、注射したことで顔がこわばる副作用が出たなどのお話も聞きます。正確な知識や経験豊かな専門医にご相談されて後悔の無いようにして欲しいと願います。

「エステ的な解消法」

セルフケアと同様に、顔のエラ部分の、発達した筋肉、緊張した筋肉をほぐすことによって、リンパの流れ、血流促し、老廃物を流す効果などを期待する、いわゆるエステ施術は、皮下組織に対しての施術であって、直接的というよりも、間接的な対処方法となります。
(骨気(コルギ)のホームページを見る限りでは、骨気(コルギ)は、骨に対する矯正ではなく本来がこのエステ的な施術であると書かれています)

整体施術で同様の施術を挙げるとすれば骨盤矯正が例えやすいかもしれません。
骨盤のゆがみによる腰痛があった場合に、骨盤周辺の筋肉の緊張を緩和させること自体は、筋肉の緊張を緩和させることなどから、腰痛自体も緩和、改善することが期待できます。
しかし、骨盤のゆがみが改善されなければ、腰痛の根本的な改善になったとは言えません。
エラ矯正についても同じことが言えます。

根本的ではないにしてもマッサージにはマッサージの効果もいろいろと有りますし、痛い施術ではなくリラックスできるのであれば、マッサージを受けたり、セルフケアとして行ってみたりするのも方法です。

「美容整形外科的手術(エラ削り)」

美容整形外科で行われる顔のエラ削る手術はどうでしょうか?
エラを現実的に削ってしまえばエラはなくなりますが、削れる部分は下顎の骨のごく一部でしかないことや、頭を含めた全体の骨格が変わらないことを考えると、メリットとデメリットの比重は果たしてどうでしょうか?
お顔のバランス全体を考えた時にもバランスが取れるかどうかという不安や疑問が残るような気がします。また、手術による痛み、腫れ、後遺症などのリスクも含めて専門医に相談しつつ、その他の方法も検討されると良いかと思います。

「髪型でカバーする」

エラを気にする方が、一番費用を掛けずに?手早く解消する方法として選択されるのが、エラをご自身の髪の毛で覆い隠す方法、既にこうされている方はとても多いかと思います。
美容院でお願いしないまでも、ご自身で工夫することで、顔のエラの張をカモフラージュすることが可能ですが、お顔や頭の形、首の長さ、太さなどをトータルで考えたヘアスタイルにしないと顔のエラ部分のボリュームが出てしまいますので、ヘアスタイリストさんと相談しながらご自身に合ったヘアスタイルにするのがベストでしょう。

「顔のエラ矯正」

さて、本題の顔のエラ矯正に入りましょう。
小顔矯正を簡単に考えるお客様も多いかと思いますが、顔の矯正はエラ矯正に限らず、小顔矯正は簡単なものではありません。
面長や顔のエラは、目立つだけに、コンプレックスも強くなると思いますが、面長矯正、顔のエラ矯正は小顔矯正の中でも難易度の高い時間の掛かる矯正施術ですし、慎重で丁寧な矯正施術が求められます。
他の方法と同じく、専門知識の豊富なサロンと施術者に相談し、小顔矯正の体験施術を受けながら体感されることをおススメします。

顔のエラ張りの原因 〜顔のエラは、なぜ張るのか〜

頭蓋の構造から見るエラ張り

ところで、顔のエラ張りは何が原因で起こるのでしょうか?
顔のエラ(下顎骨付近)の構造とエラ張りの関係について、図を使って説明します。
(この説明は医学的な理論を元にしたものではありません)

エラ矯正


「顔のエラ」といのは下顎骨(かがくこつ)の両端部分、下顎骨の角を呼ぶ通称名です。
下顎(したあご)の骨は、頭蓋骨側面の左右に位置する側頭骨(そくとうこつ)にある、顎関節(がくかんせつ)に下顎の骨の一部が、はまり込んでぶら下がるような形で接続されています。
位置的には、耳の穴のすぐ前側にありますので、耳の穴の前付近を指で触れながら口を開閉した時に動くので、
すぐに関節の位置を確認することができます。

図では、左右の顎関節を青い線で結んで示していますが、この青い線の距離=左側の顎関節と右側の顎関節との距離が、顎の付け根の距離ですから、下顎の付け根の幅ということになります。
つまり、概ね、顎関節と顎関節との距離が下顎の幅となりますので、エラは概ね顎関節と顎関節との幅に比例するということになります。
この顎関節の位置や角度、顎関節を有する側頭骨の形状が下顎と顔とのバランスやエラの張り具合に大きく影響するといえます。
エラの張りという点では、左右の顎関節部分の距離が広ければ広いほど、顔のエラも張るということになるというわけですね。

実際の顔のエラ矯正画像

エラ矯正画像
こちらの写真は、レミスティック東京で行った「エラ矯正施術」のビフォア、アフターの写真です。
向かって左が、「エラ矯正施術前」、向かって右が「エラ矯正施術後」になります。

この施術前後の写真でも分かると思いますが、顔の幅とエラの張りは、比例しています。
先の図で説明した、側頭骨の左右の幅が、顔幅になることからもご理解いただけるかと思います。

このことから、顔の幅が広いことは頭の幅が広いことにも繋がってきます。
頭の幅が広いと、頭のハチが張るケースも増えてくることを想定(仮定)すると、エラが張っている人は、頭のハチが張っている、または、その逆のケースが多いことも想定されます。

エラ張りとハチ張り

美容院でお仕事をされているヘアーデザイナーの方に聞きますと、
面長やエラ張りでお悩みのお客様のご来店も多いそうです。
面長の人向けのヘアーデザイン、エラが張っている人向けのヘアーデザインによって、
面長やエラ張りのコンプレックスを軽減させる効果が髪型にもあるようです。

いろいろとコンプレックス解消の手助けになるヘアスタイルですが、
頭の形状がそのまま反映されてしまうヘアスタイルでは、特にストレートヘアの場合は、
頭のハチの張りを隠すのは難しいようです。

エラ張り・ハチ張りの悩みを解消

頭の形と顔の形は無関係ではない、ということは説明の必要も無いと思います。
先の図をはじめとして、骨格図や骨格模型を見ていただくまでもなく、頭蓋骨に頭も顔もあるのですから、頭の形が顔の形に影響を与えないはずはありません。
その実例が、顔幅と頭の幅の広さ、エラ張りとハチ張りの関係です。

顔のエラ張りと、頭のハチ張りが、一見すると「顔」と「頭」の別々の問題のように感じるかもしれませんが、顔と頭を一体にして、頭蓋骨として見た時には、その問題は別ではなくなります。

顔の矯正を考える時にも、エラ、ハチ、頬骨、おでこ、そして顔の輪郭などは、
全体的に、総合的に矯正していかなければ、部分的な矯正では解決がつきません。

「エラ張り矯正」「ハチ張り矯正」

「エラ張り矯正」と「ハチ張り矯正」など、小顔矯正を部分的に見て悩むことや、
部分、部分で矯正を受けて修正しようというのはナンセンスです。

頭蓋骨の構造を全体的に把握していなければ、「エラ張り矯正」「ハチ張り矯正」は不可能です。
「エラ張り矯正をします」「ハチ張り矯正をします」というお店のホームページを見かけますが、「エラ張り矯正」も「ハチ張り矯正」も簡単な矯正ではありません。
矯正を整体として置き換えますが、腕だけ、肩だけ、腰だけという整体は本来ではなく、
前進を行うように、顔も頭もすみずみまで整体を行う必要があります。

頭蓋骨は動かないというお話が前提であれば部分、部分の矯正も同じく矯正は出来ません。
が、頭蓋骨は動かないとしても整体によっていろいろな効果が得られるとしたら、
やはり全体に整体を行うべきです。

エラの矯正を骨格で確認

頭蓋骨の構造

こちらの図は頭蓋骨の骨と骨のつなぎめ=ほうごうせん(縫合線)を現しています。
エラ矯正の説明をしますと、エラとして気になる下顎骨には、この縫合線がありません。
ということは、下顎は一枚の骨で出来ています。
(厳密には、元々は分割されていた骨が成長段階で繋がるのですが)

エラ矯正として、良くある矯正、良く耳にする矯正方法は、この下顎の骨またはエラの部分を強く押すというエラ矯正ですが、エラが張っているのは、頭蓋骨の問題が土台にあるのですから、張っている部分のエラには直接関係がなく、どれだけ痛い施術を我慢しても、まったく意味がないということになります。

エラ矯正、ハチ矯正を含めて、頭蓋骨の構造全体を考えた上で矯正を進めないと意味が無いというのは当然のことで、この構造を考えずに矯正を行う矯正施術に大切なお顔、大切な体の矯正をお願いするのは無謀なことです。

ところで、現時点で医学上、頭蓋骨は動かないという見解を述べていますが、
私は、「頭蓋骨が動くか動かないかを考えて場合」、まったく動かないのは不自然だと思っています。

なぜならば、頭蓋骨も生きています。
血液も体液も身体を循環していて骨組織が存在しているのですから、骨だけは弾力も何も無く、
まるで化石のように硬化して動かないものだと決めつける方が無理あるように感じるからです。
また、当店のお客様が、顔の矯正をしている期間に、顔を強く打つ怪我をされた時に、目視での話ですが、顔が歪んでいるのがわかりましたので、強い力が加わると微妙に歪みが生じるというのが個人的な印象です。

では、頭蓋骨の骨と骨の縫合部分が年齢と共にズレたり、隙間が生じたりするのかというと、
そういう説に対しては納得がいきません。
仮に縫合線を境にして、骨と骨に多少のズレが生じたり、隙間が生じたりしたとしても、
大きく顔を歪めるほどに影響するとは考えにくいからです。

エラ張りの形態について

エラ張りにはいろいろな形態があるのをご存知ですか?
「エラの張り」といえば、「エラ部分が左右に張り出すこと」だとお考えではありませんか?
エラが張る原因の一つが頭蓋骨の両側面にある「側頭骨(そくとうこつ)」にある、
「顎関節(がくかんせつ)と顎関節の距離」に関係すると説明いたしました。

ここから、同じエラが張るのにも、いろいろな形態があるというお話をしましょう。
これは、私が施術経験上で感じたことで、医学的な見地、根拠からの記事ではありません。
あくまでも私の個人的な経験則によるものです

エラ張りと頭蓋骨の関係

頭蓋骨を構成する複数の骨のひとつひとつのサイズが、全て理想的な形状や成長を遂げると言い切れません。
頭蓋骨を構成する骨のひとつひとつに、歪みやサイズの違いが多少なりとも生じることで、顔の歪みとして出てくるとも言えるでしょう。

同様に、顎関節がある「側頭骨」の形状に個人差が有った場合には、結果的に下顎の骨の位置、方向も微妙に変化し、エラの状態、見え方も異なるようになるでしょう。

具体的なエラ張りの種類(歪み)について

下顎にはおおまかに分類して、次の4つの傾きやズレ、張りが生じる可能性があります。

  1. 顎の上下の傾きによって、エラの左右、どちらかが上がる、または下がる
  2. 顎の前後のズレによって、エラの左右、どちらかが前に出る、または後ろに下がる
  3. 頭蓋骨の形状に沿って、側頭骨と一緒に、顎(エラ)が張る
  4. 頭蓋骨の形状によって、側頭骨の下方から顎(エラ)が「ハ」の字に張り出す

これらの複数のエラ張りの形態について、具体的な要因を想定してみましょう。

「1.」の場合は顎関節を含めた側頭骨が左右、どちらかが低く、どちらかが高い場合
「2.」の場合は顎関節を含めた側頭骨が左右、どちらかが前に、どちらかが後ろにある場合
「3.」「4.」の場合は顔全体のカーブ、頭の捻じれなど複数の要因が重なったもの

このように、エラの張り、または歪みだけでも、とても複雑な要素が関わってきます。
「エラは押すことで矯正が出来る」という考え方は成り立ちません。

エラ矯正、ハチ矯正、小顔矯正の効果

小顔矯正の効果はある?小顔矯正の効果は無い?
小顔矯正の是非については、いろいろと言われているみたいですが、
何かしらの施術を行って、まったく何の変化もおこらないということはないでしょう。

変化には、良い変化もそうでない変化もあります。
良い変化を期待する小顔矯正施術を受けるためには、細かく、時間をかけながら小顔矯正の施術を受ける以外に方法はありません。
「ちょっと小顔にしたい」「ちょっと小顔になればいいだけ」と思って受けた小顔矯正で、顔が歪んでしまっては意味がありませんし、こんな悲しいことはないはずです。

それなのに、どうして安易に施術料金が安いというだけで小顔矯正を受けてしまえるのでしょうか?

それは、小顔矯正に対して正しい知識がないためで、まさか、小顔矯正を受けて顔が歪んでしまうことなどが起こるはずもないと考えているからです。

レミスティック東京では、小顔矯正を安易に受けて、歪んでしまった相談はいくつも受けていますし、小顔矯正を受けて歪んだ顔を修復する、修復矯正を頼まれることもあります。

小顔矯正で失敗しないために、小顔矯正について正しい知識を持って、ご自身のお悩みがどのような施術で解消に近づくのかを細かく相談することが大切です。

レミスティック東京では、お客様の細かな相談に時間をかけてお話を聞き、ご説明をさせて頂いています。
また、レミスティック東京で行っている小顔矯正施術の説明が、事実と異なるかどうかを小顔矯正の体験施術をとおして確認していただくことも出来ます。

施術者の側では、とにかくお客様のご相談内容を良く把握した上で、お客様の悩んでいる部分を細かくチェックしながら、丁寧な施術を行うことが小顔矯正を行うことに尽きます。

丁寧な施術とは、時間に追われずに、1人のお客様に向き合い、なるべく静かな環境で神経を集中して施術をすることです。
施術者が変われば技術も、感覚も変わるので、一人のお客様に対して、専属の施術者が毎回、施術をするべきだと、私は思います。
それとは逆に、時間に追われ、にぎやかな(騒がしい)環境で、お客様と会話をしながら施術をすることは好ましい条件ではありません。

審美小顔矯正のエラ張り、ハチ張り矯正

レミスティック東京の小顔矯正は、同じ小顔矯正でも、一般的な小顔矯正施術とはまったくことなる手法で、「審美小顔矯正」という名称を付けています。
開業から20年を越えて、開業当初から小顔矯正は独自の技法で始め、以来、小顔矯正技術を向上させて来ました。

お客様、ひとりひとり、顔や頭の歪みが異なり、千差万別です。
特にエラ張りにつ注意する点があります。
エラ張りには写真や見た目と、実際の骨格の状態が異なる場合もあるからです。

具体的には、一見すると左(右)のエラが張っているように見えて、良く触れてみると実は骨格的には反対側の右(左)側のエラが張っている・・・という例がそれに当たります。
この場合は、目に見えているのはエラ付近の脂肪や筋肉の状態で、骨格がそのまま見えているのではないため、噛み癖、歯ぎしりなどでどちらか片方の筋肉(咬筋=こうきん)が発達していると、骨格的にもエラが張っているように見えてしまうためです。

下顎骨と咬筋については下図をご覧下さい。
エラ矯正

上図の咬筋の張りだけを見てエラ張りだと判断してしまうと、張っているように見えるエラに対してエラ矯正施術をされてしまう可能性が高くなり、本来施術を受けるべきエラとは反対側のエラを施術されてしまうということも起こり得ます。
仮に片方のエラだけでなく両方のエラに対してエラ矯正を同時に受けたとしても、左右の違いを正確に理解されないまま施術を受ければ同じく正しい矯正とはならないので注意が必要です。

レミスティック東京の小顔矯正は、このような単純ミスを防ぐため、念には念を入れたチェックを施術前にも、施術の途中途中でも行っています。

エラ矯正の5つのルール

レミスティック東京の審美小顔矯正・エラ矯正には次のルールがあります。

  1. エラ矯正は絶対に押してはいけない
  2. エラ矯正の痛い施術はしない(小顔矯正は痛くなく施術できます)
  3. エラ矯正は左右、同じように矯正をしてはいけない
  4. エラ矯正はエラが張る原因をみつけなければならない
  5. エラ矯正は、施術する部位からなるべく遠い部分の矯正を行う

このルールの中の5番目の、「エラ張りの矯正が、施術する部位からなるべく遠い部分から施術する」意味は、エラ部分には末端神経が集中しているので施術が痛くなりやすいことと、エラ張りの原因はエラの近くにあることが少ないからです。

小顔矯正のエラ矯正、そのメリット

ところで、小顔矯正のエラ矯正には、どの様なメリットが考えられるのでしょうか。
レミスティック東京の審美小顔矯正の理論から考えられるメリットをいくつか挙げてみましょう。
この理論は、エラを押したり、エラ周辺の筋肉を整えたりするような、他店で行われる施術とは一切、関係なく、レミスティック東京だけの独自の理論になります。また、医学的な根拠や科学的なデータに裏付けられたものでもありませんが、レミスティック東京で施術を受けられた一部のお客様から寄せられた声をもとにしています。

  1. 角ばった顔がシャープになって顔の印象が変わった
  2. 顔や頭の形のバランスが良く見えるようになった
  3. 輪郭や頬骨の張りがなめらかになった
  4. 歯の噛み合わせが変わった
  5. 口が開きやすくなった

などが挙げられます。
※あくまでも 「審美小顔矯正」 を受けて頂いたお客様個人の見解であり、他店の施術に比べて著しく優れているという意味ではありません。

レミスティック東京の審美小顔矯正の特徴としては、エラ矯正において、エラを矯正するのではなく、エラよりも離れた部分で、エラ張りの原因となっている場所を矯正することが最大の特徴ではないでしょうか。
「エラ部分を直接施術しない」ということは、繊細な神経が集中している部分をに力を加えないということです。
その結果として、「痛くない」「怖い思いをしない」というお客様の声をたくさん頂いています。

エラに触れないエラ矯正

一般的な小顔矯正で、エラ矯正をお願いした場合は、エラ部分を含めて顔をグイグイ、ギューギュー押される施術方法が多く、とても痛いという体験談をお客様から聞きます。

繰り返しになりますが、図解説明からお分かりの通り、顔のエラの張り具合は、頭蓋骨の形状に起因しています。

まして、エラ自体は下顎の骨そのものですから、力いっぱい押してみても形が変わることは無いのです。

エラ矯正を行う場合に、エラを押しても痛いだけでエラ矯正の効果は期待できません。
レミスティック東京の顔矯正では、エラに触れることなくエラ矯正を行った例を写真でご紹介しています。

顔のエラ、特に顎関節部分は繊細な部分ですので、顔のエラ張り矯正を検討される場合には、
顔の矯正方法、エラ張りの原因、エラ張り矯正方法を熟知した、経験豊富な当サロンへお任せ下さい。

ただ、当サロンの施術料金が高いという方もいらっしゃいます。
矯正施術の内容を熟知していない方、他のサロンとの施術方法を正確に比較されていない場合は、そのように感じられてしまっても仕方ありません。

  1. レミスティック東京の小顔矯正は、完全オリジナルであること
  2. カウンセリングから施術まですべて院長が担当すること
  3. 1日の施術人数を3名の少人数に限定して小顔矯正施術の質を高めていること
  4. 目的の矯正以外にも、顔のバランスを全体的に整える料金も含まれていること
  5. 矯正施術がとても細かく、難易度の高い施術であること

などを考えると決して高い施術ではありません。

顔のエラ矯正施術の流れ
~レミスティック東京の小顔矯正~

レミスティック東京のエラ矯正(小顔矯正全般)の流れは次のとおりです。

  1. ご来店・カウンセリングシートのご記入
  2. ご相談内容のヒアリング
    ・具体的に何について、どのような時に気になるのか など
    ・歯科矯正や、ボトックス注射、他店での施術の有無 など
  3. 顎、その他の状態の詳細な確認
    ・下顎の角度、頭蓋骨の形状などの詳細なチェックを必要とします
    ・下顎の前後、上下の位置関係を綿密にチェックし、口の開閉状態も見ます
  1. 首の痛みや偏頭痛の有無についても確認
  2. 確認したことを、絵に書き落としてお客様にご自身の状態を知っていただきます
  3. 3DCGや過去の施術例を元に、歪みの原因、状態、矯正の方法などを詳しく説明
  4. ここまでに、概ね1時間ぐらいです(お客様の質問内容などによります)
  5. ここから体験施術に入ります。体験施術では下記のような事を行います
    ・ご自身の顔のエラの詳細な状態の確認と、関係する部位の状態の確認
    ・施術部位を特定して、その部位の施術を行うのにあたり痛みがないことの確認
    ・施術した部位が変化していることの確認
    ・その他、今後の矯正に必要な内容などの確認または追加の体験矯正(追加費用なし)
  1. カウンセリングルーム(テーブル)に戻って、施術後の写真撮影
  2. 施術後の写真を確認しながら補足説明と今後の施術のご提案
  3. このあと、当日のご契約をいただきましたら、当日の施術が可能です。

顔のエラ張り矯正における、よくあるQ&A

 

Q エラ張りというのは、どういう状態を言いますか?

A エラというのは下顎(あご)の骨の外側の角の部分を指します。
この部分が外側に張った状態で、四角く角張った状態を「エラ張り」と呼びます。
医学的な用語ではありません。

Q 顔のエラが張っていると悪いことがありますか?

A エラが張っているという外見的なことだけでしたら健康上、問題があることはないでしょう。
エラの張りとして見えるのが筋肉に問題が有る場合は、噛み締めなどを疑って、口腔外科、歯科などで診察をしてもらうと良いでしょう。

Q 顔のエラが張っていることと顎関節症は関係しますか?

A 顎関節症は、その名前のとおり関節異常を指します。
エラが張っていても額関節に問題が無ければ顎関節症状は出ませんし、エラが張っていなくても顎関節に問題があれば顎の運動制限が出たり、異音や痛みが出たりする場合があります。

Q 硬いものばかり食べていると顔のエラが張りますか?

A 長いヒトの歴史で見れば、食べるものなどの生活環境によって顎をふくめて骨格は変わります。古くは縄文時代、弥生時代~鎌倉時代・・・と年代によって出土する頭蓋骨からも、顔の骨格の変遷を見ることが出来ます。けれども、一人の人間の一生だけで考えれば硬いものを食べてばかりいるから顔のエラが張る・・・というような心配は要らないでしょう。

Q 片噛み、歯ぎしり、喰いしばりで、顔のエラが張りますか?

A このような場合、顎の筋肉が発達する可能性が高く、見た目で顔のエラが張って見えてしまう可能性があります。
骨格的には顔のエラ張りにつながる変化が生じる心配はないと思います。
以上、よくある質問について回答を挙げましたが、他にもご質問がある場合はお気軽にレミスティック東京へご相談下さい。

イラスト:出典 Human Anatomy (https://human.biodigital.com)

小顔矯正の効果 小顔矯正の性別、年齢制限 コルギとの違い

2019.09.08

小顔矯正の男女性別・年齢による効果の違い・制限

小顔矯正の方法や小顔矯正を実施される施術者、お店によっては、男女性別や年齢に制限があるケースも聞かれます。
なぜ、このような制限があるのかは、各サロン様のお考えや施術方法によるものですから、その理由をここでご説明することはできませんが、レミスティック東京においては、小顔矯正(審美小顔矯正)、整体施術共に、男女性別や年齢による制限はなく、施術に期待される結果にも制限が掛かることはありません。
当サロンにおいて、特に《小顔矯正の施術に男性、女性の性別の制限が無い理由》は、顔、頭の骨格構造に男性、女性で大きな違いが無いことによります。
整体に関しては筋肉量的に男性と女性とでは差がありますし、日々の生活状態や運動の程度によっても筋肉の付き方も変わるため、施術の方法は異なる場合もありますが、レミスティック東京の小顔矯正の場合は、施術部位である、顔、頭は筋肉の量や状態を考慮する必要がありません。ただ、どちらかと言えば、男性の骨格の方がガッシリしていて女性よりも施術の難易度が高い傾向に有って、フェイスラインを整えるにしても女性の方が整えやすいです。

エラ矯正などでは、エラ部分の筋肉についていろいろと書かれていたりする施術者もいらっしゃいますが、この場合は、顔の筋肉に対する施術を行って、リンパの流れを促進させたり、筋肉自体を柔らかくさせたりする効果を狙っているケースですと、顔の筋肉についての記事も必要ですが、レミスティック東京のように骨格そのものの矯正を意図している場合は、エラの筋肉や表情筋など顔の筋肉には施術を行わず、施術に直接の関係が無いため、筋肉については重要視していません。

むしろ、順番的には骨格の上に筋肉が乗っているので、フェイスラインを美しく整えるためにはベースとなる骨格の状態を優先的に考えるべきです。レミスティック東京の小顔矯正は、フェイスラインと整えるために、筋肉ベースではなく骨格ベースでの施術を行っています。また、顔の歪み、頭の歪み、また小顔矯正のご要望に合わせて、小顔矯正の施術方法を変えることで、より適したフェイスライン作りが出来ます。
次に、《小顔矯正に年齢制限が無い理由》としては、胎児期、乳幼児期を別にして、年齢によって大きく顔、頭の骨格の構造に変化が起こるわけでは無いため、ある年齢以下、ある年齢以上に対しての施術が困難であるとか、不可能だということが、審美小顔矯正の小顔矯正施術法にはありません。

もっとも乳幼児期、小児期の小顔矯正の要望は滅多に無く、レミスティック東京での施術例で最も低い年齢は4歳で、逆に最高齢は75歳になります。あくまでも僕の見解ですが、乳幼児期にもソフトなタッチでご両親などが頭の形を整える一種のコミュニケーション方法が確立されると、成長に任せておくよりも良い結果になるのではないかと考えております。
これは身体に対しての「整体」にも通じることです。
力任せで施術を行う整体、骨をボキボキ鳴らす整体、筋肉を強く押す整体でなくても、優しくタッチする、撫でる程度の刺激で、身体の状態を整える効果は十分に現れます。

小顔矯正の施術ペースについて

レミスティック東京にご来店のお客様の中で、他店での小顔矯正を経験されているお客様の声の中に小顔矯正に通うペースについて、次のような話を時々、聞きます。

・(小顔矯正施術を受けるペース)として「1週目は〇回、2週目は〇回の小顔矯正施術を受けて行かないと矯正の効果が定着しないので、〇回を目安に通って下さい」
つまり、《小顔矯正を1回、2回受けただけでは、元に戻ってしまいますよ》ということを意味しているのだと思います。レミスティック東京の審美小顔矯正では、小顔矯正のペース(施術回数の目安)についても独特です。
当サロンの審美小顔矯正については、矯正の効果に「定着」という概念がありません。

しっかりと理論的な施術を心掛け、お客様ひとりひとりに、その人の顔の歪み、頭の歪みに合わせた、正確な小顔矯正施術を行うことで、元に戻る可能性が極力低くすることが可能であるという経験則があります。

この経験から、お客様がレミスティック東京の審美小顔矯正の施術を全4時間受けられることを仮定した場合、お客様のご都合で次のようなケースが生まれます。

・1日に4時間の審美小顔矯正施術を受けて施術を終了させる最短コース
・2時間ずつ2日に分けて審美小顔矯正を受けて施術を終了させる2日コース
・月に一度、1時間の審美小顔矯正施術を4ヶ月に分けて受ける月1コース
・数ヶ月に一度、または半年に一度、1年に一度とお客様に合わせたコース

どのコースであっても、施術時間の合計が4時間であれば結果は概ね同じです。

当サロンのお客様で、4時間の審美小顔矯正を受けられた場合には、日にちを2日に分け2日間で終わらせるか、楽しみながら月に1度のペースで4回に分けるケースが多いですね。

もちろんお客様のご事情が優先となりますので小顔矯正の通う回数、小顔矯正のコースについてはご相談下さい。

小顔矯正の施術は何回するべきか

レミスティック東京の審美小顔矯正は、小顔矯正に対しての考え方、小顔矯正に関する理論、小顔矯正の施術の方法、小顔矯正の回数、小顔矯正の施術頻度など、どれを取ってみても、一般的な顔を押すタイプの小顔矯正や、骨気(こるぎ・コルギ)などの小顔矯正とは、まったく異なります。
当サロンの審美小顔矯正の考え方は以下の通りです。

・顔の歪みは頭を含めた頭蓋骨全体の歪みに起因すると考えています
・顔、頭の歪みは、胎児期と出産時に概ね発生すると推測しています
私の、顔の歪みの発生のイメージと小顔矯正のイメージは、次のようなものです。
母胎を「洗濯機」胎児を「洗濯物」と考えます。
胎児は母胎の中で概ね10ヶ月を過ごします。この間、胎動という動きがあります。
母胎(洗濯機)の中で胎児(洗濯物)が動き回ります。
胎児の頭は成人の頭蓋骨と違い、とても顔に比べて頭が大きい「頭でっかち」で柔らかいので、
胎動をしながら、洗濯機の中の洗濯物がねじれていくように、胎児の頭も捻じれる・・・
そして産道を通過する際に更にねじれる・・・だから生まれたばかりの赤ちゃんはすでに頭がいびつである。
どうでしょうか?私のイメージは、間違っているでしょうか?
実際に小顔矯正施術を行っていますと、ほとんどの人の頭に捻じれに相当する歪みが見受けられます。
当サロンの小顔矯正は、「洗濯物をアイロン掛けする」ことをイメージして行っています。
洗濯物にアイロンを掛ける際=小顔矯正を行う、というイメージから次のことがいえます。

・「素材」「シワの強さ」「シワの多さ」が小顔矯正の成果、小顔矯正の回数と関係するといえます。
骨格がシッカリしていて、歪みが強く、歪みの箇所(部分)が多い顔、頭の場合は、小顔矯正の難易度が上がり、比例して、小顔矯正の成果が出るのに時間が掛かるケースが多い。

・洗濯物のねじれ、よじれ、シワが洗濯物によって異なるように、顔のゆがみも人それぞれです。
アイロン掛けをする時に、洗濯物によって掛け方が変わるように、小顔矯正も人によって矯正を変える必要があります。

骨気(コルギ)との審美小顔矯正の違い

レミスティック東京の審美小顔矯正は、コルギだけでなく、どこの小顔矯正とも異なった、完全オリジナル、完全オーダーメードの小顔矯正方法となります。

私はコルギの専門家でもないですし、コルギの技術講習などを受けていないので正確なお話は出来ませんが、協会のホームページを見てもどこにも「骨格矯正」という文字は見られず、「骨に直接アプローチする」という説明や、「骨の深部に刺激を与えることで骨の新陳代謝が促進される」という説明も散見されますが、骨の新陳代謝は外部刺激によるものではなく、骨に含まれる細胞(骨芽(こつが)細胞、破骨細胞や免疫細胞)の相互関係、相互作用によるものであり、たんぱく質などの栄養分が関わっている医学的な研究発表もされています。

骨気(コルギ)の本来の意味合いを調べてみますと、本来の文献にはたどり着けませんでしたが、古武術と気功から派生していて、その根源は中国医学の五行(ごぎょう)などの思想にあるように思われます。そこに現代西洋医学の生理学を併せてリンパの流れ、脂肪の代謝などを促進する、いわゆるリンパマッサージでの美容効果を期待した施術・・・ではないかという私の推測が間違っていなければ、小顔矯正という部分は日本の流行に合わせたものという見方のほうが正しいように思えます。

当サロンの審美小顔矯正の施術は、リンパに対するアプローチでも有りませんし、気功とも異なります。
当サロンの小顔矯正は、顔、頭の歪みの発生まで遡って、イメージをめぐらし、どのように矯正を行うのが理にかなった小顔矯正になるのか、昼夜考えて生み出したオリジナルの小顔矯正方法となります。
レミスティック東京のオリジナル小顔矯正方法は、体験施術によって体験的に受けることが出来ます。

小顔矯正に道具は必要なの?道具を使って大丈夫なの?

お客様のお話では、小顔矯正を行うお店によっては、棒などの道具を使って頭を叩いたりする小顔矯正施術があると聞きますが、このような道具によっての小顔矯正には私は疑問を持っています。
当サロンにおいて、院長の私が全神経を集中させて行っても、なお難しい小顔矯正です。
道具を使用することによって、指先の繊細さに欠けてしまいます。
緻密で正確さが要求される小顔矯正は、誰もかれもが矯正可能になるような安易なものではないということは断言できます。そして、頭蓋骨に対して振動や打圧を加えて、良い結果が出るかといいますと、「百害あって一利なし」という感じがしてなりません。
その理由は、先に書いてありますように、小顔にするため、あるいはフェイスラインを整えるため、顔の左右を対象に近づけるためには、顔、頭の胎児期のゆがみ、ねじれを無視するわけにはいかず、胎児期の顔、頭のゆがみ、ねじれの解消として「道具を使用する」というのは、あまりにも雑な感じがしてならないからです。

手の指先に勝る繊細なセンサーはありません。もともと顔や頭の左右の形状はきれいな対象であるわけではないので、顔の左右のバランス、フェイスラインを整え、改善していくためにも、微妙な顔の歪み、頭の歪みをチェックしながら、細かく繊細な施術を繰り返す必要があります。
また、お顔に対しての施術を考えた場合、肌への刺激は極力、弱いものにとどめるべきです。
それは、肌への強い刺激は、肌が抵抗力を備えるために硬くなってしまう可能性があるからです。
小顔矯正を考えていらっしゃる方は、カウンセリングにおいても施術においても、時間を掛けて緻密に行う矯正施術を受けられることをお勧めします。

小顔矯正と頬骨、エラ、面長

2019.09.08

小顔矯正と部位の矯正

小顔にしたいお客様は、部分的に頬骨、エラ、ハチを矯正したい
或いは、面長感を改善したい、ほうれいせんを改善したいなど、部位の改善を希望するはずです。

お顔の部位については良く分からなくて、(ただ小顔になれば良い)というお気持ちでご来店されるお客様でも、カウンセリングを進め、お顔のゆがみについて認識が進んでいくと、(ただ小顔になればいい)というお気持ちから(整った小顔にしたい)というお気持ちに、みなさん変化していきます。

それは、こちらがそうのように誘導するからではなく、今まで気付かずにいた顔の大きさの原因や、お顔の左右が非対称な原因など、ご自身のコンプレックスの根っこの部分について知識が増えるからです。

小顔矯正:おでこは顔ですか?頭ですか?

簡単な質問ですが「おでこは顔ですか? 頭ですか?」
この質問の答えを考えるだけでも、それだけで認識が変わってきます。

おでこは「前頭骨」という立派な頭の骨です。
けれども、お化粧の時におでこにお化粧をしない人は居ないでしょし、防止を選ぶ時におでこが隠れるサイズが帽子のサイズだと気にしながら帽子を選ぶ人も居ないと思います。

なぜ、おでこのと小顔、おでこと美顔がなんの関係があるのでしょうか?
おでこの部分「前頭骨」は、頬骨の張り、ハチの張り、面長、エラ・・・お客様が悩まれる、多くの問題をおでこが握っているのです。そして、小顔矯正、顔の矯正において、おでこは無視できないとても大切な部位になります。

小顔矯正:おでこのゆがみ

みなさんは、おでこの歪みを気にしたことがありますか?
こうしてあらためて言われてしまうと「おでこに歪みなんてあるの?」「おでこなんか触らないからなぁ」と思ってしまうでしょうね。
実は、私は長年お客様のお顔を拝見して来ましたが、おでこがキレイな形の人はほとんど見たことが有りません。
どのように「でこぼこ」しているのかは、人それぞれです。
鏡で、よくよく観察してみ下さい。

1.おでこの上の髪の毛の生え際がきれいな円を描いていない
2.おでこの右、または左、または両側がへこんでいる
3.横に段差が入っている
3.眉骨とおでことの境目が低く、眉骨が高い
4.おでこを指でなぞると、おでこの真ん中が高くない(きれいな曲線ではない)

このような発見はありませんでしたか?

小顔矯正:おでこの歪みと美顔の関係

おでこの歪みが有ったとして、それが顔に何の関係、影響があるのでしょうか?

では、高速で走行する流線型の美しい形の代表でもある新幹線のフロント部分に置き換えてみましょうか。

先頭車両を見た時にフロントガラスを「おでこ」だと思って下さい。
歪んでいたり、左右の形状が対象でないフロントガラスを、どうしても装着しなければならないとします。
その場合は窓枠をフロントガラスに合わせて変形しなければなりません。
窓枠が変形した場合は、窓枠が装着しているボディを窓枠に合わせて変形しなければならないですね。

このようにおでこの形が悪ければ、左右の眉骨、頬骨、アゴ、エラ、頭のハチなどのいろいろな部位がおでこの骨に合わせるために変形していかざるを得なくなります。

これはおでこだけではありません。
顔、頭のどこの骨が歪んでいても、顔、頭の全体が歪まなければ、骨と骨がしっかりと接合できなくなってしまいます。
ですから、顔の一部が歪んでいる場合、顔、頭のすべてが歪んでいるのが正しいのです。

小顔矯正:部位だけの矯正は矯正にならない

小顔矯正を行う際に、今のお話のように、フロントガラスだけ、窓枠だけのゆがみを整えれば良いというのでは無いのと同じで、頬骨だけ、エラだけを矯正するというのは理屈に合いません。

・頬骨が出ている原因はどこにあるのか?
・エラが張っている原因(骨格構造的な原因)はどこあるのか?
・ハチが張っている原因はどのにあるのか?
原因が見つからなければ、矯正が出来るはずもないということに気付いて下さい。
そして、前述のように、「頬骨が高ければ押せば低くなるという単純な問題ではありません。
愛車やご自宅のドアが閉まらないから、叩けばしまる、蹴飛ばせばしまる・・・ということではないのです。

小顔矯正:顔、頭の全体矯正について

部分的な矯正では結果が出ない、矯正がうまくいかないのであれば、部分ではなく全体を矯正しなければなりません。
では、皆さんがおむすびをむすぶ時は、まな板の上において結びますか?
型押し整形のおむすびであれば、まな板の上でも良いでしょう。
一般的な顔の矯正のイメージは、「型押し整形のおむすびを、まな板の上で型押ししている」ようにしか私には見えないのですが、みなさんの目からは見るとどのように映るのでしょうか。
顔、頭の全体矯正をする時は、レミスティック東京ではお客様に座っていただいて矯正を行います。
とても不安定な状態ですし、強い力など入れなれない状態ですが、おむすびをむすぶ時に力ずくでむすばないのと同じです。顔、頭の矯正も力づくで矯正するのは形が崩れてしまう可能性があります。

小顔矯正:おでこの両脇がへこんでいる人

おでこの両脇がへこんでいる人、いますよね?
ハリウッドの名俳優を例に出しては申し訳ありませんが、「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏が分かりやすいかもしれません。お顔にへこんでいるところが有れば、必ず出ているところが生まれます。これは地形と同じで山があれば谷があるのと同じ理屈です。
おでこの両脇がへこんでいる人は、頬骨も張り出しますし、エラも張り出します。
この場合の、おでこ、頬骨、エラの関係は同一線上の問題だと私ならば考えます。
「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏が夢の中で私に「頬骨を矯正してくれ」と言ったら、「そのおでこから矯正しなければならないですね」と私は答えるはずです。
おでこ、頬骨、エラという部位、単独で見てしまって、単独で矯正をしても結果は出ないはずです。
小顔矯正で大切なのは、部分で見ずに、全体で見ることです。
そして、それぞれの骨が、どのように影響しあって歪みを生んでいるのかを考えて答えを出すのが正しい小顔矯正だと私は自分の理論と自分の小顔矯正方法、自分の技術を信じて、20年以上が経過しましたが、それが間違っていたと思ったことは一度もありませんし、私の推論以外のイレギュラーなケースにも出会っていません。

小顔矯正:小顔矯正は審美であるべき

私の小顔矯正の名称は審美小顔矯正です。
審美というのは自然の美しさと言う意味です。

人はどなたでも歪みがなければ美しいと思うべきです。
それは、親から授かったものでもありますし、天からの借り物だからです。
私の矯正は、私が推論する「母胎の中での歪みの発生」が起こる以前の歪まない状態に戻すことを目標としています。

本来の持ち味を残して、本来、歪んでいなかった場合を想像した時に、それは美しいお顔。
現在の美男、美女の基準は、現代という時代が生んだものであって、自然な人の顔には関係の無い世界です。
おそらくは平安時代の美男美女、江戸時期の美男美女、もっと古くは原始時代の美男美女はきっとナチュラルな美男、美女を指していたのだと思います。

小顔矯正、小顔、美顔、どれも、無理なく、しかも適した考え、適した矯正方法で行いましょう。

小顔矯正 小顔になる痛くない矯正 小顔美人になる セルフ小顔のレクチャー 面長矯正 エラ矯正
お顔のコンプレックス、ご相談はレミスティック東京へ 

「たまごクラブ」2019年9月号

吉木りさ様の取材記事中の中で紹介!

この度、 ベネッセコーポレーションより出版の「たまごクラブ」2019年9月号で、現在妊娠中の「吉木りさ様」が取材を受けられた中で、「マタニティ整体でお世話になっているレミスティック東京へ。腰痛緩和にも◎」と紹介をしていただきました!!

ベネッセコーポレーション刊「たまごクラブ」

 

 

レミスティック東京では、小顔矯正だけでなく整体施術にも独自の手法を取り入れていて、開業当初から「マタニティ整体」を行ってきました。

整体では一般的に妊娠中のお客様への施術を行わない傾向にあるみたいですが、当院では出産直前まで整体、および骨盤の調整(骨盤矯正)を受けていただくお客様も少なくなく、腰痛の緩和などに役立たせていただいております。

間もなく公開予定のレミスティック東京のリニューアルサイトには、これまでは既に整体などでご利用いただいているお客様へ、「裏メニュー」的にご案内をさせていただいておりました「マタニティ整体」「マタニティ骨盤矯正」などをメニュー化しております。

小顔矯正を東京で受けるなら

2019.07.21

レミスティック東京

小顔矯正を東京で受けるなら、レミスティック東京をお選び下さい。
東京で20年の実績のある小顔矯正サロンとして全国からのお客様のご来店、芸能人のお客様をはじめ、アーティストなど多くのお客様にご愛顧を頂いております。

東京ならではの利便性

全国からご来店いただける理由の一つに利便性が挙げられます。東京羽田空港から東京モノレールを利用して浜松町まで約20分。浜松町駅から徒歩5分。
また、東京メトロ大門駅からは徒歩1分と駅近ですから、東京都内、東京近郊からのアクセスも抜群です。                        東京近郊や鉄道でご来店希望のお客様、新幹線で東京駅、品川駅をご利用のお客様は山手線または京浜東北線で浜松町までお越し下さい。

東京で人気の観光スポット

レミスティック東京周辺には観光スポットもたくさんあります。
東京タワー、増上寺、芝公園、竹芝桟橋や日の出桟橋と、これらの桟橋から出航している水上バス、東京湾クルーズの船。水上バスを利用すればお台場や浅草、東京ディズニーランドへと観光する場所も広がります。
また東京といえば、国宝指定の東京赤坂迎賓館もぜひ拝観したい場所。
赤坂、六本木、青山、表参道、麻布はもちろん、渋谷、新宿、恵比寿などの東京の人気スポットに行くのも便利です。
レミスティック東京をお泊りでご利用のお客様にも、サロン周辺には東京プリンスホテルをはじめとした高級ホテルからビジネスホテルまで数多くあり、レストランから居酒屋、ラーメン屋さんまで飲食店も豊富です。

東京都内でも唯一の審美小顔矯正

東京に小顔サロンが迷うほどあっても、世界でも都内でも唯一審美小顔矯正を受けることが出来るのはレミスティック東京だけです。
東京で小顔矯正を受けようとお考えでしたら、独自技術で痛くなく、矯正後に戻る確率が非常に低く、矯正後に若干の戻りが感じられた場合には無料でケア矯正が受けられるのも、レミスティック東京の特徴とレミスティック東京ならではのサービスです。
「オシャレな街、東京で小顔矯正を受けたいな」とお考えでしたら、芸能人のお客様もイチオシ、おススメの小顔矯正サロン、レミスティック東京をお選び下さい。東京都内に類似のサロン様がどれだけあったとしても、その技術との違いが明らかだという自負、自信があります。
そしてすべてのカウンセリング、施術に院長が直接対応をさせて頂きます。
初めて小顔矯正を受けられるお客様も、小顔矯正を他のサロン様で受けられているお客様も、また他の小顔矯正サロンでお顔に歪みが出てしまったというお客様も、修復矯正という高い技術のあるレミスティック東京へお任せ下さい

東京で習い事、東京でレッスン

東京で習い事、東京でレッスンを受けたいとお考えなら、整体や小顔矯正の技術習得はいかがですか?
レミスティック東京では、初めて人の身体に触れるという初心者の方から、プロの方まで、レミスティック東京独自の整体や小顔矯正の技術が習得できる講座を開催。
本来であれば高度な技術をギュッと身近にして、どなたでも覚えやすいように、習得しやすいようにアレンジした整体と小顔矯正。
整体の技術や小顔矯正の技術は難しいとお考えの方もご安心ください。
独立してお店を持ちたい人から、既にサロンを経営されているオーナー様まで、即戦力となるスキルをお教えします。
もちろん、他には無い技術ですので競合店も有りませんし、類似の技術もありません。東京で習い事、東京でレッスンをお考えでしたら、レミスティック東京の小顔矯正技術をおススメします。

東京でお仕事したい方にも

レミスティック東京の整体、小顔矯正の講座で技術を習得して、東京でお仕事をすることも可能です。
レミスティック東京では、独立希望を目指す初心者の方にも安心なフォロープログラムがございます。
また、レミスティック東京の名前を使用しての営業が可能な制度もありますので、無名の店舗からスタートすることはありません。
更に、ご自身のオリジナルホームページの制作やSEO対策もバックアップさせて頂きます。
東京でお仕事をしたい、手に職を持って働きたいという方に、人に喜ばれ、人に笑顔を咲かせる技術は、あたなの人生そのものを豊かにしていくことと思います。

レミスティック東京の講座 生徒募集

レミスティック東京では、随時、整体、小顔矯正を学びたいという生徒さんを募集しております。体験コースや1日で学ぶ1Dayコース、その後のスキルアップコースまで幅広く、確かな技術を直接指導いたします。
講座についての詳細は、直接サロンへお問い合わせ下さい。
また、インストラクターとして活躍していただける、インストラクター候補、スタートアップスタッフも募集しております。

東京の小顔矯正といえば レミスティック東京

2019.05.08

小顔矯正の料金は何で決まるのか

小顔矯正に関心がある人がインターネットなどで小顔矯正の料金を見ていて思うのは料金の違いではないでしょうか?私は施術を受ける側ではないため、他店の料金を調べたり、他店の料金を参考にしたことは一度もありません。

レミスティック東京として今は営業しておりますが、私が開業したのは自宅のある片田舎でした。現在居住している人に片田舎などと呼んでは失礼ですが、特色のある産業に恵まれず商業施設も目立ったものがない小さな町であるため、 賃金や所得、生活水準、町の発展度などから見たら決して高いとは言えない場所ですが、私は当時「美顔矯正」という名称をいち早く使用して金額も25万円コースと48万円コースの二種類だけだったにも係らず、遠方から新幹線を乗り継いでまでご来店をいただくお客様がいらっしゃいました。

その町の整体院の平均的な金額が60分3,000円程度のお店が多い中で、顔の矯正が何十万円単位に設定することは無謀のように思われましたが、私は開業当初から、自分の小顔矯正技術は誰にも真似が出来ない、完全オリジナルだという確信がありましたし、金額以上の価値があることに対しての自身も十分にありました。

「新幹線を乗り継いでまで行ってみたい小顔矯正」とするためには、小顔矯正の料金だけでなく、往復に掛かる交通費や時間もすべて含めても価値が上回るものでなければお客様が通いたいなどと思わないはずです。ここで誤解を受けないように補足しておきますが、「通いたい」のであって「通わなければならない」ではありません。通わないと元に戻ってしまうとか、通い続けなければこがお矯正の効果が持続しないという意味ではありません。

「金額以上の価値」=「金額以上の結果」「金額以上の満足感」

小顔矯正で説明が難しいのが、小顔矯正効果が戻る、戻らないという点と、小顔矯正に必要な時間の説明です。
原則的に、と言いましょうか、理論的に、レミスティック東京の「安井式、審美小顔矯正」は、一度矯正したら元に戻ると考えることに矛盾が生じる施術方法、矯正方法なのです。が、「元に戻らない」と明言するまでのデータを取得するのは非常に難しい割には意味の無いことですので、「私の概念からは元に戻ってしまうと考える方が矛盾が多い」という程度にとどめておきます。
次に施術に掛かる時間についてですが、どのような施術、どの様な作業にも共通して、ある一定の時間で出来ることには限界があります。
小顔矯正の効果を維持するために施術を繰り返し受ける必要がある、施術を受けに通う必要があるのではなく、施術の結果をより良くするための時間はどうしても掛かってしまい、短い施術時間では短い時間なりの結果しか期待できないのは仕方の無いことです。

小顔矯正は何で選ぶべきか

小顔矯正を受ける二通りの方法

小顔矯正を受けたいという方には2通りの方がいらっしゃると思います。
・料金で選ぶ方
・金額ではなく内容で選ぶ方
レミスティック東京の料金が以前は2種類の金額設定しかなかったのですが、今はいくつもの金額設定をしております。
料金で選ぶ方にも施術の内容で選ぶ方にも選べるような設定です。
それにしても高いというお客様には、他のお店との違いを理解していただく以外にありません。

小顔矯正は料金だけで選びます。安ければ安いほど良いです。
残念なことですが、レミスティック東京ではこちらのご要望にはお応えすることが出来ません。

オーダーメードだからこその価値

レミスティック東京の小顔矯正は、事実、お客様のお顔や頭のゆがみに合わせた施術にこだわり、施術の手順や内容を計算(筋立て)し、思ったような結果を出して行きます。その集中力は長くても1時間程度しかもちません。
1人のお客様に対して休息を取りながら施術をしても1日に施術可能な時間にも限界がありますし、お客様が異なるごとに気持ちをリセットさせ、まったく異なる思考に頭を切替えて再び意識を集中させるとなると、1日のお客様は3名が限界になってしまいますし、それ以上の4名に施術人数の枠を広げれば必ず集中力が落ちて施術の質も、施術の結果も落ちてしまうのは目に見えています。

お客様にはとても高額に思える施術料金だということは私自身も重々承知ですが、それにしてもお店が立派になるわけでも、多店舗展開ができるわけでもないのは、私の施術に対するストイック過ぎるこだわりがお客様のお悩みを解決させるか、解決に近づけさせる結果になることも分かっているからです。

店を立派にしても、多店舗展開しても、多くのスタッフを使ってお店を賑わせたところで、満足のいくオーダーメードの施術が出来るわけではありません。
逆に、高級な時計や靴などの「一点もの」を作る工房は小さなものです。

小顔矯正と名乗るお店が数え切れないほどある東京において

オーダーメードの丁寧な小顔矯正を行っているのはレミスティック東京だけ。それだけの自負もありますし、実際に誰にも追従されることのない、誰にも真似が出来るはずもない小顔矯正の技術を駆使しています。

どうしてそこまで言い切れるのか? 良い質問です。
私が小顔矯正をはじめて20年を越え、私が東京で小顔矯正を開始して10年を越えましたが、これだけ小顔矯正のお店が多い東京で、私と同じ小顔矯正の考えを持つ人、同じ方法で小顔矯正をする人が現れていません。

私と同じ手法で小顔矯正の施術を続けるためには、小顔矯正のために死ぬ覚悟が必要、とは言わないまでも、小顔矯正のためであれば、鉛筆が持てなくなる、手首が自由に動かなくなるなどの身体的なリスクを負いながらも、施術技術の上を目指して自分を追い込める自分になること、が必要であって、そのようなことは普通は選ばないからです。
私自身も、足が折れてでもスキージャンプの飛距離を伸ばすことに挑戦するとか、命がけでエベレスト登頂に挑むとかは出来ません。
その道のトップを目指す、その道の中で自分自身に挑戦するためには、やはり普通の人は選択しないものを選択することになります。

ですから、この広い東京で、ビジネスモデルにならない、誰も真似もしたくない小顔矯正、だれも真似をするのにはリスクが高すぎる小顔矯正をやる人が出るとは思えません。

東京で価値のある小顔矯正として

それだけに、お客様には「東京で、価値のあるオーダーメードの小顔矯正の店」と誰にでも認められるように、施術に妥協することなく精進し続けて行きたいと思っています。

小顔矯正・造顔・美顔サロンを探すなら港区で

2019.04.28

小顔矯正・造顔矯正・美顔矯正は、矯正後のケアが不要な港区にあるレミスティック東京がお勧めです!

小顔矯正・造顔矯正・美顔矯正を、受けても受けても元に戻ってしまうようでは意味がありませんし、
元に戻ってしまった場合のケア矯正にもお金を掛けていたのではキリがありませんよね?
レミスティックの小顔矯正は、「ケアをする必要が無い小顔矯正」がコンセプト。
だから、小顔矯正のケアメニューはありません。

・それでも、小顔矯正のあと、のちのち心配だからケアを受けたい
・万が一、小顔矯正の効果がなくなってしまったら、顔が矯正前に戻ってしまったら

そのようなご心配もごもっともです。

その様な場合でもレミスティック東京の小顔矯正ならば安心です。
なんと!ケアが必要となった場合は、無料で小顔矯正を受けて頂けるからです。

お顔のゆがみで悩んでいる、顔の左右が別人のようだ・・・
そのような複雑なお気持ちにも、複雑な顔の歪みにも、レミスティック東京はご相談に乗ります。

おひとり、おひとり、オーダーメードで小顔矯正を行います。
オーダーメードで小顔矯正が受けられるのも小顔矯正の老舗、小顔矯正の専門店、レミスティック東京ならではです。レミスティック東京がご提供する小顔矯正は日本で唯一、世界でも唯一の「審美小顔矯正」です。
自然な美しさをメスを入れずに、痛くも無く、丁寧に矯正します。

世界でも唯一の小顔矯正方法で、しっかりと小顔矯正を行うため、お値段はお安くはありません。
しかし、高いというわけでもありません。
美容整形の手術を受ければ、それなりの高価な金額がかかりますし、痛みも腫れも伴います。
また、美容整形手術では顔の歪みまで整えることは出来ません。

手術では出来ないことをオールハンドで矯正する、小顔矯正の利点はそこにあります。

小顔になりたい、顔の歪みを整える小顔矯正を受けたいというお気持ちになった時には、
真っ先にレミスティック東京へご相談下さい。

レミスティック東京の小顔矯正に新しいコースが誕生します。

その名前は「EKUBOコース」えくぼの可愛い美男美女になっていただきたいというネーミング。
これまでの、完全オーダーメードの小顔矯正には自信がありますが、
もっと気軽に小顔矯正を受けていただきたいという想いから、結婚式への参列やパーティ、デートなど、
いろいろなシーン、シチュエーションで、「ちょっと小顔矯正を受けたい」という方にピッタリで、リーズナブルな小顔矯正コースです。

6月1日よりご予約をいただけるように準備中です。

小顔矯正ではえくぼを作ることは出来ませんが、笑顔になっていただくお手伝いはいくらでもさせていただきたいというのがレミスティック東京です。

小顔矯正の知ってお得な情報

2019.03.20

美容に悩む人に向けて、悩み解消の手助けとなる美容情報の発信を続ける、
レミスティック東京 院長の「コンプレックス解消・ブログ美容サロン」です。
今回は 小顔矯正に関しての知ってお得になる情報をお届けしたいと思います。

小顔矯正のスペシャル情報

ということで、早速お話を進めて生きたいと思います。
小顔になりたい!
毎日、小顔願望でいっぱいの人はいませんか?
でも、小顔になりたい!!と思う理由は何でしょう

  • 顔が大きいから
  • 顔が歪んでいるから
  • 顔がシャープでないから
  • 頭が大きいから

小顔にしたい理由はいろいろ有ると思いますが、ところで、「小顔」ってどのようなことでしょうか? 
小顔ってなんだろう?顔や頭が大きく見えてしまのはなぜだろう?
このような素朴な疑問の解決に繋がるようなお話も含めて小顔と小顔矯正に関する情報をお届けして行きましょう。

顔の大きさについての情報

ねぇ、あなたの顔(頭)、大きいね!
なんだか、あなたの顔(あたま)、大きくない?
グサっと心に刺さる、嫌な言葉ですね!!

そう言われたとした場合・・・!
でも、それって本当に顔や頭が大きいのでしょうか?

顔や頭の基準サイズが決められているわけではないので、実際には、大きいか小さいかは個人個人の見た目の意見や、ご本人の受け取り方によると思います。
頭だけならば分かりやすいのは帽子を被(かぶ)ってみることで「人が被(かぶ)れる帽子が被れないので私の頭が大きい」とか、「同じ位置に並んで写真を撮っているのに、隣の人と比べて私の顔は大きい」みたいな感じでしょうか。 顔や頭の基準サイズが設定できないのは、複雑な造形の顔や頭を計測するのに必要な基準点、基準線を設けるのが難しためです。他店の小顔矯正のホームページに見られるような定規などの単純な計測器具で測る方法を私も試してみましたが、測る位置を一定にすることは不可能で、すぐに5ミリ、1センチは小さく測れてしまうのでまったく信憑性がありません。
施術前後を定規のような計測器で測って、「何ミリ(何センチ)小さくなりました」という言葉には騙されないようにして欲しいものです。

顔や頭が大きく見える要素

顔や頭が大きく見える要素として次のようなことが考えられます。

  1. 遺伝(骨格)
  2. 身体全体のバランス
  3. 面長(おもなが)
  4. 頭の大きさ
  5. 顔や頭の歪み
  6. 年齢による変化

1番の「遺伝」は、祖父母、父母など血縁の者に顔や頭が大きい人が居た場合に、体型(骨格)を遺伝として引き継いだ場合などを指します。
2番から5番までは、「バランス」に関することで、顔と身体の比率や目の錯覚から顔が目立ってしまう場合があります。例えば、顔の大きさがほとんど同じ人でも、平均身長であった場合には「普通の顔の大きさ」に見え、身長の高い人は「小顔」に見え、身長の低い人は「顔が大きく」見えてしまいます。
また、「顔が歪んでいる」「面長」や「頭が大きい」などの場合は、実際の顔の面積は大きくないのに、見た目が大きく見えてしまうこともあります。
その他に「年齢による変化」の場合、「心理的」な部分と「骨格的」なことも顔が大きいと意識する要因として挙げられます。

心理的な部分では、幼少期に友人に「顔(頭)が大きい」とい言われて以来、大人になってもその言葉によって悩むような場合は心理的なことと言えるでしょうし、思春期で自分の容貌に感心が出てくることが悩みのきっかけになる人、思春期を過ぎて社会に出る過程や、社会に出てからの生活で、顔に関する話題も増えたり、顔に対して関心が高くなったりする、年齢と環境の関係が心理的に影響することも考えられます。

30歳前後で感じる顔の変化

レミスティック東京に初めてご来店されたお客様には、必ず受けて頂いている、「カウンセリング&体験コースの」のカウンセリングで相談にあった実例を挙げてみます。

【カウンセリング時の相談内容】

  • 急に顔が老けた気がする
  • 最近になって、ほうれい線が目だってきた気がする
  • 額(ひたい)のシワが気になるようになった
  • 以前よりも顔が大きくなったと感じる
  • 顔の歪みが出てきた
  • 顔の歪みが大きくなった
  • 目が開けにくい、瞼が重い
  • 口元の印象が変わった
  • 片頭痛が起こるようになった

このような相談をされるお客様は、性別に関係なく、平均して30歳前後に集中していることが長い経験から分かって来て、その原因として後頭部もしくは頭蓋骨が後ろに傾むくことが疑われ、レミスティック東京では、独自の施術として、小顔矯正を行う時に、後頭部の施術も加えることにしています。
そのメカニズムとしては解明されているわけではありませんが、私の経験上の推理では、後頭部付近に集まる太い筋肉の力に、皮膚、筋肉、骨、骨と骨をつなぐ椎間板(ついかんばん)組織などが、少しずつ老化して、皮膚や筋肉に緩みも生まれ、骨格と筋肉のバランスも悪くなった結果が表面化してくるのが、30歳代という年齢なのではないでしょうか。

失敗しない小顔矯正の情報

小顔矯正を受けたことのある方、これから小顔矯正を受けようと思っている方へ小顔矯正を失敗しないための情報をお届けしたいと思います。

小顔矯正を受ける時に、どのような施術を受けることが最も効果的なのか、考えてみたことはありますか?
施術者に対しては、どのような施術をしてくれたら良いと思いますか?
痛い小顔矯正を受けた経験がある人は、痛くない小顔矯正を望むでしょう。
小顔矯正を受けても変化を実感しなかった人、矯正後にもとに戻ってしまった経験がある人は、もとに戻らない小顔矯正を望むでしょう。
そして、初めて小顔矯正を受けようと考えている人は、小顔矯正に対して、その効果に期待を膨らませていると同時に不安を抱えているかもしれませんね。

先ほどは、30歳代前後でお顔が変化していく可能性を見た、私の経験談をお話をしましたが、それはお顔の歪みの発生時期のことではありません。
お顔が30歳代前後で、歪んでくるというお話ではなく、お顔に変化が出たように感じたり、それまでのお顔の歪みがデフォルメされて強く感じたりしだす時期のお話です。

他のブログ記事でも折に触れて書いておりますが、私の考える顔の歪みは、お母さんのお腹の中で育つ段階、産道を通過する段階で(帝王切開出産の場合は除きます)歪みは生じていて、出産後に顔や頭の歪みが生じることはとても考えにくい・・・というものです。

顔の歪みや頭の歪みが、出世後の生活習慣、骨盤、骨格の歪み、または内臓の状態に関係するという説もネット上で見たことがありますが、そういう理由から、顔の歪みや頭の歪みが生じるとした場合、小学生から高校生ぐらいの間でも写真で見て分かるくらいに顔に歪みが出ているのではないでしょうか?もっとも、スナップ写真や、学校のアルバムは、顔の状態を比較するために撮影しているのではないので、顔が歪んで見えることが有ったとしてもアテにはなりませんが。

多くの人は、小さい頃の面影を残しながら成長し、成長途中に子どもの顔から大人の顔への成長の変化は当然あるにしても、小学生の低学年と高学年、中学入学時期と卒業時、高校や大学の在学中の写真に、顔が歪んで見えたり、顔の歪みがなくなって元に戻って見えたりすることは無いはずです。
頬杖をついても、骨盤が曲がっても、姿勢が悪くても、顔の歪みや頭のゆがみには関係ないと私はお客さまに説明しています。

頬杖をつきたければ、つけば良いですし、片方の歯で噛み易いのであれば、それをいちいち気にして生活する気苦労をやめて、噛みやすい方の歯で噛んでいて良いとお話します。顔の矯正だけでなく、整体の施術後にも、「普段、気をつけることなどせず、自由にしていてください。それで肩がこったり、腰が疲れたりするようであれば、その時のために僕という整体師がいるのですから」と

小顔矯正を失敗しないために、顔の歪みは生まれつきのものだと考えた上で、顔の歪みに対して、カウンセリングを通してしっかりとした説明を受けることです。「気になる部位」を聞かれて、十分な説明も無いまま、すぐに施術が始まるような小顔矯正は避けるのに越したことはありません。

誰でも小顔になるのか

可能性だけを言うのであれば、誰でも小顔になれる可能性があり、誰でも顔が整う可能性がありますが、「絶対に可能です」と言うことは残念ながらできません。

「絶対に可能です」という言葉を言ってあげたいのですが、ひとそれぞれに頭蓋骨の形状、骨の硬さなどに個人差があるため、正しい理論に基づいた小顔矯正を行えば、誰でも一律に小顔になり、顔の歪みが取れて均整な顔立ちになるものでもないからです。

それでも、小顔になりたいお客様、顔の歪みを取りたいお客様、面長を矯正したいお客様、その他どのような悩みのお客様にでも、その人の悩みと、その人の骨格などに合わせて、丁寧に時間をかけて施術をすることによって、小顔になる可能性は高まりますし、顔や頭の歪みが改善できる可能性は高まります。

これまでに小顔矯正を受けたことのある方の中に、「小顔になりたいと思って小顔矯正の施術を受けたけれども小顔にならなかった」「顔の歪みを取りたかったのに、歪みが取れなかった」・・・このような体験をされた人は少なくはないはずです。

ネット上には「顔が〇センチ小さくなった」と、具体的な数値で小顔矯正の効果をうたっているような記事もありますが、顔のサイズを測ることは、精密な器具で精密かつ正確な方法で計測しない限り不可能ですし、顔のどの部位をどのように計測した結果なのかも書かれていないのに、「顔が〇センチ小さくなった」みたいな記事に騙されてはいけません。

世界で唯一の「審美小顔矯正」という独特な手技、手法によって小顔矯正を行っているレミスティック東京のホームページには、「顔が〇センチ小さくなった」「骨盤が1回で〇センチ小さくなった」みたいな表現、表記をしていません。

顔や骨盤のサイズは簡単に計測できるものではありませんし、精密な機械を使用して計測できたにしても、サイズが小さくなったから良いというものではありません。
施術の方法、施術の内容、施術後の結果、顔や身体のバランスなど、見かけの数字よりも、もっともっと大切なことはたくさんあります。

小顔になるために大切な3つのこと

小顔になりたいあなたへ、小顔になるための良質な情報を提供したいと思います。

小顔になるための良質情報 その1
・額の形を整え、顔全体の輪郭を整える

小顔になるための良質情報 その2
・顔の縦と横のラインの曲面を作る=デコボコを減らす

小顔になるための良質情報 その3
・施術には強い力を加えない(痛みをともなう施術は受けない)

小顔になるための、最善の条件として、卵のようにキレイな曲線をお顔に作ることを、私は提案いたします。
日本人は、鼻の骨が西洋人と比べると低いために、「彫りの深い顔」があまり似合いません。「彫りの深い顔」は、デコボコ(コントラスト)がハッキリしているということです。
出ているところと、低いところのバランスが良ければ、彫りの深い顔立ちは素敵ですが、鼻は低いのに眉骨や頬骨が高いと、怖い顔、キツイ顔に見えてしまいます。

  • 機嫌が悪そうに見える
  • 意地が悪そうに見える
  • 正確がキツそうに見える
  • とっつきにくそうに見える
  • なんとなく眠そうな顔に見える

あなたには、この「見え方」が当てはまりませんか?
お顔の印象だけ、知らないうちに損をしているかもしれません。

小顔矯正(輪郭矯正・目鼻だち)

小顔矯正でお顔の輪郭についてのご相談をお受けしますが、お顔の輪郭そのものというよりは、頬骨やエラを含めた顔の輪郭に凹凸がなく、理想としては卵型のお顔になりたいというイメージかもしれませんし、或いは顎周りをシャープにして似合う輪郭というイメージでしょうか。
いずれにしても 頬骨が横に張り出したり、エラが張ったりすれば顔の輪郭は凸凹してしまいますから、頬骨やエラが顔の輪郭を形作る一部だということには間違いありませんね。

ところで、レミスティック東京の特徴、ウリは、小顔矯正の技術にも絶対の自信がありますが、それ以前に充実したカウンセリングです。
この、小顔矯正のカウンセリングの際に、お顔に対しての表現が、特に表現豊な日本語ではとても難しく、私もお客様を傷つけないように気を使うところです。例えば、「メリハリのある顔」というのは「彫りの深い顔」という印象を持ちますが、陰影のはっきりした「デコボコした顔」とも言えますし、逆に「スッキリした顔」というと「のっぺりした顔」とも言えます。または、その人の抱えるイメージによってはふっくらしたお顔が女性的で、スッキリしたお顔が男性的(ボーイッシュ)とも言えるでしょう。

こちらもどの言葉を使うのがお顔に対しての表現に最適なのか、悩むところですが、お客様側から小顔矯正のご相談の際に、「私の顔はのっぺりしているので、メリハリのある鼻筋の通った顔にしたい」というケースがあります。
おしゃることも、お気持ちも良く理解できます。
ただ、「のっぺりしている」というのは「すっきりしている」とも表現可能だと言うことです。

骨格的に見た小顔矯正

先に述べたように、残念ながら西洋人的(欧米人的)な骨格と、アジア系の日本人には骨格差があります。
小顔であるか、小顔でないかは別にして、一般的には、 日本人は鼻の骨が西洋人に比較すると低いので「彫りの浅い、スッキリした顔立ち」ですが、「のっぺりした顔だから嫌だ」と思われる方の多くは、もっと鼻が高かったら良いのにという想いに繋がるのではないでしょうか。

私としては、なるべくならば、お顔にメスを入れる(手術する)ことなく、自然な形で小顔に矯正にすることをお勧めしたいと思います。

古臭い言い方かもしれませんが、親から受けたせっかくの大切な身体に、病気で手術を必要とするのであれば仕方がありませんが、美容目的で傷をつけてしまうことは避けられるものでしたら避けて欲しいと思います。

私のお客様では、実際に美容整形をやめて、私の小顔矯正施術で満足されているお客様もいらっしゃいます。
このような記事を書いてしまうと、美容整形をお仕事にされているお医者様には大変失礼かと思いますが、私は私の役目と、私の出来る範囲でお客様のご相談に乗り、お悩みを減らすお手伝いをしたいと思って、独自の小顔矯正術「審美小顔矯正」を続けています。

お顔や頭の形のお悩みは、生まれ持った骨格は遺伝的なものなどを含めて、ご本人の責任では無いお悩みですので、それだけに苦しい思いもあるでしょう。
そのことは十分に理解したうえで、私は「自然のものは自然で美しく、それを活かしましょう」、基本的に自然なものは美しいとした「深層審美」の考えを提案しています。

お客様のお顔も自然のままで十分に美しいのですが、少し歪みが加わっただけで、そこにお悩みが発生してしまった・・・そう考えれば、日々の生活が悩みで埋もれてしまうこともなくなりますし、お顔がカンペキでなくても、歪みが100%解消できなくても、まずは精神的な癒しを得て欲しいと願っています


部位別のお悩みも、全体矯正で解消しましょう!

「輪郭を整える小顔矯正を受けたい」「頬骨を低くする小顔矯正を受けたい」「エラを目立たなくする小顔矯正を受けたい」・・・小顔矯正に何を求めるか、お顔のどの部分を改善したいか、人それぞれにあると思います。

そして、これらの色々な悩みを別々に考えているのは苦痛ですよね?
だって、ひとつのお顔の問題なのですから、輪郭矯正、頬骨矯正、エラ矯正、それに「頭の大きさ」「頭のハチ」矯正も、すべて一つにまとめて、小顔矯正として考えてみてください。
いろいろな部位に、いろいろな矯正を、別々に行うのではなく、「小顔矯正」という施術の流れの中に入れてしまうのです。

部位ごとの施術ではなく、短時間でもいくつもの部位をまとめて矯正する「おまとめ矯正」を得意とし、実際に複数個所を同時に矯正することが可能なのが、レミスティック東京の「審美小顔矯正」なのです!

「部分矯正」という呼び方を聞いたことがある人もいると思いますが、小顔矯正は、頭蓋骨という「星」の表面を整えるのと同じですから、なにも部分に分けて考える必要はないのです。
頬骨も、エラも含めて、お顔の輪郭を形成しています。
頬骨も、エラ(下顎の骨)も、鼻も、目も、耳も、すべてがお顔の皮膚の下で、骨として連結されています。連結されているものをわざわざ切り離して、部分にして考える必要はどこにもありません。
「小顔矯正は部位ではなく、全体で考えましょう」

小顔矯正で施術を避けたい部位

小顔矯正を部位別に考えずに、顔全体を考えた矯正が正しいと書きましたが、骨格的なことも含めたお話をしますと、「鼻」は矯正が不可能な部位です。

鼻の骨(鼻骨=びこつ)は上顎に繋がる左右一対の骨です。この骨は鼻呼吸の際の空気の出入り口になる 鼻腔(びくう)を包んでいる骨になります。
鼻骨の上部は骨に厚みが有って狭く、下に行くほど骨は薄くなって拡がっていきます。鼻の穴(鼻腔=びくう)も同じで上から下に向かって拡がっています。

画像でご覧いただけるように、左右から倒れかかる様にして合わさっている形をしています。この鼻骨を左右から押すなどの施術で鼻骨を隆起させ鼻を高くするのは不可能なだけでなく、万が一、鼻骨に歪みなどが生じてしまい、鼻腔が歪むとか、狭くなるようなことが生じた場合は鼻の通りが悪くなり、健康上、悪影響を及ぼしかねません。鼻骨はとても歪み易いと思える部分なので、この部位の施術は避けましょう。
どのような施術であれ、外見が良くなったとしても健康面でマイナスになる可能性が高いことは当然、避けるべきことです。

小顔矯正で可能な領域、不可能な領域以外にも、私の中で、やってはいけない小顔矯正というのもあります。
小顔矯正の中で、お客様にどれだけ頼まれても行わないのは「鼻を高くする矯正」です。小顔矯正ができるのであれば、鼻も高く矯正できるのでは?と思うかもしれません。
実際に、「鼻を高くする」「小顔矯正」に似たキーワードでインターネット検索してみますと、「鼻を高くする矯正施術」をします適な見出しの小顔矯正サロンも見かけますが、小顔矯正を受ける際に、お客様にも基本的な頭蓋骨の骨格構造の知識を持っていらっしゃれば、小顔矯正のお店に行ってカウンセリングを受ける時に役立つと思います。

鼻が低いのか頬骨が高いのか

「鼻を高くしたいので、小顔矯正で鼻を高くできませんか?」とご相談されるお客様の気持ちには、「頬骨が高」いという気持ちもあるのではないでしょうか?
鼻が低いと思える原因を挙げてみましょう。

  • 頬骨が高いから鼻が低く見える
  • 鼻(鼻骨)自体が低い
  • 鼻の周辺の骨格全体が低い
  • 眉骨が高い
  • 額(ひたい)が前に出ている

などが挙げられます。                          レミスティック東京の小顔矯正に限ってのお話になりますが、このような場合には、お顔全体に曲面が出来るように矯正施術を行います。
つまり顔の凹凸を減らす矯正方法です。

お顔の曲面を作る小顔矯正

「顔の曲面を作る小顔矯正」とは
顔の縦のラインと顔の横のラインにおいて丸みを出すことが可能であれば、顔の曲面を作れます。顔の曲面が作れた場合、先ほどの話に有るような顔のデコボコが目立たなくなるので、鼻筋が通って見えて、目のクマなども消えるか気にならなくなることに繋がってきます。

上のモニター様の画像の向かって左がBefore,右がAfter,になります。
レミスティック東京で行った、顔の曲面を作る小顔矯正の一例です。
【Before&Afterの画像の比較】
・髪の毛=小顔矯正後は光が中央に集まっています。
・目=大きく開いて、目と目との距離が狭くなっています。
・頬骨=全体的に低くなっています。
・口と顎=口元が引き締まって、受け口が改善されて見えます。
また、下唇と同時に顎の突出も改善されて見えます。

この小顔矯正によって、「鼻」「顔の輪郭」はどう変化しているでしょうか?
目を含めた鼻の周辺のくぼみが減って、頬骨が低くなることで顔の輪郭がなめらかになって見えると思います。
(※)この画像には上記の変化を見せるための加工や修正を加えておりませんが、骨格の変化が有ったと断言、または断定しているものではありません。

この小顔矯正画像から、レミスティック東京での小顔矯正施術に限ってのコメントになりますが、鼻骨を高くする小顔矯正ではなく、鼻骨周辺を意識した小顔矯正をすることによって、より自然な(審美的)鼻筋が通ったお顔に変化した結果が出せたと自己分析しております。
ただし、小顔矯正には(というよりはお顔自体に)個人差がありますので、レミスティック東京の小顔矯正が必ずこのような結果になるというものではありませんし、医学的な見地、検証によってレミスティック東京の小顔矯正結果の何かが証明されたわけでもありません。

ちなみに、この画像の施術でも大きな力を加えておりませんし、最近ではこの施術の時よりももっともっと小さな力、指先だけの力で矯正することも多々あります。
お客様に椅子に座っていただいての矯正も多くなってきています。
椅子に座っての小顔矯正とベッドに寝た状態での小顔矯正との違いは、椅子に座っていただいていた方が、顔、頭の全体の形を確認しながら小顔矯正ができることと、ほぼほぼ360度、いろいろな角度からの小顔矯正が可能になることが最大のメリットで、ケースバイケースで、ベッドでの小顔矯正施術と、椅子に座った状態での小顔矯正施術を組み合わせて行っています。

小顔矯正技術に求められる技術

「小顔矯正」という施術が始まって、もう30年近くなるのでしょうか?
「技術」にも色々ありますが、どのような技術でも日進月歩、日々、試行錯誤の繰り返しで進化を遂げて来たように、小顔矯正の技術も日々、試行錯誤の中から新しい発想、発見、工夫、発案があっても良いはずです。
小顔矯正の施術者として一定のレベルで満足してしまっていては進歩がありません。

小顔矯正の施術を受けられるお客様の気持ちに、どこまで寄り添えるのか、お客様をどこまで満足させられるのか、お客様に満足していただけるのか、これはいつになっても大きな課題です。
それなのに、レミスティック東京にご来店されるお客様から頂く情報には、驚く様な情報がたくさんあります。

・頬骨を下からグイグイ押し上げられる、痛い!頬骨矯正を受けた
・お客様の顎を両手で抱え、そのまま顎を引き上げられる面長矯正を受けた。
・エラをグイグイ内側に向けて押される、とても痛いエラ矯正を受けた
・顔面や頭をミシミシ音がするほど押される怖くて痛い小顔矯正を受けた
・口の中に施術者の指を入れる施術を受けて口内炎になってしまった

このような、聞いているだけで恐ろしい小顔矯正の実話の数々。
そして、これらの苦痛を味わって我慢したのに結果が出ない。
結果は良く分からないけれど、痛いから、結果が出たと思いたい。
果たして、小顔矯正はこれで良いのでしょうか?
これだけ情報が豊な時代に、何十年も同じような施術を続けて、痛い小顔矯正から、痛くない小顔矯正に変えようともしないというのは、時代遅れだと私は思ってしまいます。

小顔矯正の施術者に対するナゼ?

どうして、痛くて危険な小顔矯正施術が蔓延しているのでしょうか?
ひとつには、このような小顔矯正施術を教える人がいて、その人から伝授された人が、そのまま何も考えずに、その手法を真似て施術を続けているからというのがあると思います。

痛い小顔矯正や間違った小顔矯正施術を行うお店にも、一応、頭蓋骨の模型が置いてあると聞きます。
私が、小顔矯正を受けに行ったとしたら、施術の内容、施術の方法、施術の合理性、施術の理論などを質問すると思います。
お客様は、基本的には小顔矯正や骨格構造に対して、専門的な知識を持ち合わせておりませんし、お客様の立場として、たくさんの質問を投げかけることも、納得の行くまで質問を続けることも、お店の人の説明に反論することも、お店の人の説明に疑問点をみつけて説明を求めるのも難しいと思います。

気の弱いお客様や、あまり知識がないお客様の場合には、聞きたいことが聞けない場合や、聞きたいことを忘れてしまう場合や、自分の主張が示せない場合も少なくはないのではないでしょうか?
と、この記事を書いている自分自身も気をつけなければならないですし、いつも身長でなければならないのですが・・・
お店や施術をする人に、文句が平気で言えて、どんな注文でも言えるのは、お店の側の人や施術者なのですから、お客様への対応の部分は置いておいても、自分の技術に進歩や向上を続け、施術を受ける側に立った施術の提供を心がけなければならないと思います。

面長小顔矯正 – レミスティック東京

美容に悩む人に向けて、悩み解消の手助けとなる美容情報の発信を続ける、
レミスティック東京 院長の「コンプレックス解消・ブログ美容サロン」です。

面長改善!画期的な面長矯正!!

【面長小顔矯正】
面長な人の特徴、面長矯正の施術方法

矯正の基本は正しい知識、正しい情報

レミスティック東京にご相談に来られるお客様から、「ちょっと小顔になれば」「ちょっと顔の長さが短くなれば」というご相談を受けます。
お客様のおっしゃることも、お気持ちも良く分かります。
けれども、「ちょっと〇〇したい」という「ちょっと」は、決して「いい加減で良いから」「適当で良いから」という意味ではないはずです。
大抵のお客様の場合は、ご自身のお顔の歪みを正しく把握されていません。
レミスティック東京では、お客様の写真を撮影して、どこがどのように歪んでいるかを説明させていただくのですが、この時点ではじめて、ご自身のお顔の歪みを客観的に見た状態で、正確な情報をお伝えすることが出来ます。
「これほど歪んでいるとは思わなかった」と気付かれるのと同時に、(このまま顔が小さくなっても歪みが取れなければ意味が無い)と思われるでしょう。
ご自身のお顔の歪みが分かった上で、「顔が歪んでいても、歪んだままで良いから小顔にして下さい」と言うお客様はいません。
矯正を受けるからには、「正しくない状態」があるということですよね?
お顔の矯正を受ける場合、正しいお顔、正しくないお顔の説明をお客様ご自身で把握しているか、施術者が把握していなければ、何が正しくない状態で、どこをどのように矯正したら、正しい状態になるのかが分からないということです。

適当な矯正でも許せますか?

「正しい状態」「正しくない状態」が正確に分からないまま、小顔矯正にしても、面長矯正にしても、エラ矯正にしても、それが整体であっても、「適当な施術で良いから手短にやって下さい」というお客様もいらっしゃらないでしょうし、そういうお客様がいらっしゃっても、私には出来ない相談です。
小顔矯正でも、面長矯正でも、エラ矯正でも、「矯正」と呼ばれるもので簡易的な矯正は基本的には無いものだと認識していただいた方が良いと思います。
もしも簡易的な矯正があるとすれば、「簡単な矯正」ではなく、「本格的な矯正を簡略化」させたものでなければなりません。
お店によっては、院長などの責任者ではないスタッフが施術する場合の、「スタッフ料金」を設けているお店もあるようですが、スタッフの技術は院長ほどではないから料金が安い・・・という意味合いだと汲み取れます。
が、矯正は本来は本格的でなければ矯正の意味を成しません。
本格的ではない矯正は、私からすれば「中途半端な矯正」でしかないのです。
中途半端(=適当)な矯正を大切なお顔にはしては欲しくないのと同じに、同じ小顔顔矯正、面長矯正、エラ矯正など、お顔の矯正を受けるのであれば、ご自身のお顔の歪み、など性格な状態、情報を把握した上で受けるべきです。

正しい情報と正しい知識を得るには

ご自身のお顔の歪みを正しく理解、認識するためには、熟練の施術者からアドバイスを受けるのが一番早い方法です。
レミスティック東京では、お客様に正しい情報と正しい知識を得て頂くために、カウンセリングの時間を長く取っています。
お客様お一人に、十分なカウンセリングを行うには最低でも40分~60分の時間は必要だとお考え下さい。
病院でレントゲン検査を受けるように、お顔のカウンセリングを受ける際にも、必ずお顔の写真を撮影してもらい、その写真から何が分かるのかを教えてもらうようにしなければ、口頭で説明を受けるとか、鏡を見せられるだけでは、ご自身の顔の歪みを知ることは出来ませんし、施術する私でさえ、情報が不足してしまうということも、これも知識として持っていて欲しいと思います

小顔(面長、エラ)矯正の難しさ

小顔矯正で難しいのは、歪みを取ること(歪み矯正)です。
顔、頭の歪みは、人の数だけあります。
お客様の施術の数だけ、歪みの数も、多種多様にあるため、その歪みを矯正できるだけ、矯正の手法も多種多様に無ければなりません。
矯正の手法だけでなく、経験も必要になります。
小顔にすることは、歪みを矯正しなくても小顔にしてしまうことは可能ですが、面長矯正やエラ矯正は歪みを矯正せずには不可能な矯正なので、それだけに困難で、時間が掛かる矯正になってしまいます。
20年以上の経験を積んでいる私でさえも、とても小さな歪みを矯正するだけで、1時間も2時間も掛かってしまう場合も、歪みが取りきれない場合もあるということだけでも、顔や頭の歪みの矯正が、実は難しい矯正だということが分かって頂けるかと思います。

「面長ななる方法」は一つしかありません!

実際に「面長」のコンプレックスで当店に相談に来られたお客様から聞いた話で、効果が無かったというお店様のホームページを拝見してみましたところ、確かに「面長矯正」というメニューがあるのですが、リンク先のどこをさがしてみても、面長矯正の解説、施術方法に記載はありませんでした。
お客様が矯正を受けたいと思った時に、ホームページを閲覧する際の基本中の基本として、「施術の方法が書かれているか」最低でも、その点はチェックしましょう。
私の見解では、そして20年を越す経験から(さらには解剖学的に見ても)、面長矯正は顔面を押す、頭の頂点を押す、顎を引くなどの矯正では「面長矯正をする」ことは出来ません。
それでは、レミスティック東京では「面長矯正」に対してどのような考え方をベースに施術を行っているのか、
今回は、お顔の悩みの中でも1位、2位に挙がる「面長の悩み」「面長矯正」に関してお話ししていくことにしましょう。

顔が面長な人の特徴

まず最初に、面長な顔の定義は何でしょうか?
一般的に、面長な人の顔というのは、正面から見た場合も、横から見た場合も、
頭頂部と顎の先端までの距離が長い状態を指します。
特に横から見た場合には、お顔(頭)がきれいな丸ではなく、
ラグビーボールのように楕円にいびつな状態な状態と説明すれば分かりやすいでしょうか?
(※面長にもいろいろなケースが有りますので、すべての人が該当するわけではありません)

・額(ひたい=おでこ)に丸みが無い
・額に段差があってでこぼこしている。(形が綺麗でない)
・額が垂直に近い常態で立ち上がっている
・眉から髪の毛のはえぎわまでの距離が長い。
・額から頭頂部までのラインが滑り台のようにせり上がっている。
・後頭部に関してはぜっぺきのケースが多い。
・頭部の下の方、耳の真後ろぐらいの位置がぽっこり高くなっているケースもある。
・下顎が前に出で、いわゆる「しゃくれ」た感じになる。
・エラが張りやすい。
などの特徴があります。
これらの状態をイラストにまとめたのが下図です。

グレーの顔のイラストは標準的な丸みのある顔です。
黒の実線は実際の面長のお客様の形状を線にしたものです。
赤の破線などは説明が分かりやすいようにした補足の線になります

円で見ると分かりやすいと思いますが、理想的なお顔が円形(青の実線)としますと、面長は楕円(赤の破線)になります

面長になる原因

なぜ、面長の人とそうでない人が存在するのでしょうか?
これは私の個人的な推論ですが、面長の原因は、遺伝的なものか、胎児としての成長時の状態、もしくは、産道を通過する出産時に原因があるのではないかと考えています。
ですので、面長は後天的なものではなく、もちろん生活習慣でなるようなこともないというのが私の見解です。

理論1 : なぜ、面長なのか

人は、どの時点で面長になるのか・・・
これも前述しましたが、面長になる原因として私の推測の域を出ませんが、
遺伝、胎児としての成長段階、出産時の三点を挙げさせてもらいます。
遺伝的な要素以外では、頭部に何かしらの不均衡な力が加わった可能性があります。

理論2 : 面長は解消できるのか。

では、面長という悩みを解消する方法があるのでしょうか?
レミスティック東京では、この面長に対する矯正方法として、面長矯正と称していますが、面長が矯正できると結論付けた矯正、約束された施術方法ではありません。
面長の改善を目的としたレミスティック東京独自の施術を行うことを指します。
「見た目、面長感が薄れた(または解消した)」ということが施術を受けたお客様ご自身に喜ばれるために提供する施術サービスとなります。

理論3 : 面長矯正の最終検証

面長だけでなく、顔の多きさ、エラの張りなどは、その感じ方に個人差が生じる問題です。同時に、それらのコンプレックスを改善、解消することを考えた場合、どの部分が、どうなれば改善、または解消されたのかという点についても、医学的な検証を得るためには医療機関の協力が必要ですが、現在の日本では、民間療法機関が医療施設を使用することは実施的に不可能です。
そのため、矯正の結果は医学的、科学的な根拠を以ってしてではなく、施術を受けるお客様個人の主観によるところが大きいことが、心理的な影響も踏まえて言えることとなります。
もう一つには、写真をほぼ同じ位置、同じ角度、同じ照明で撮影してみることで、検証材料にはなると思います。面長矯正の場合は、ぜっぺきの改善を確認するためにも横顔の写真は撮影しておくのも方法です。

面長施術の具体的な説明(理論)

「頭蓋骨は動かないもので矯正できない」ということが医学上の通念であり、
日本では医師の主張を全面的に受け入れているので、ここでは頭蓋骨が矯正できる、いわゆる頭蓋骨矯正としてではなく、あくまでも私の経験則、施術の結果から感じる主観をまじえた仮説で面長矯正をご説明します。

面長の施術は、ぜっぺきの矯正から

面長を矯正するためには、前頭部(ひたい部分)をなだらかにする矯正、頭頂部を低くする矯正、後頭部を丸くすることから始めます。
一言では、ぜっぺきの矯正が出来れば、面長の矯正は80%が成功したと言っても良いでしょう。
次に、エラ矯正でエラを整え、顎をしゃくれた状態から少し後退させるように見せるための側頭骨の矯正、目の周辺を立体的に見せるための目の周囲と頬骨の矯正などが面長矯正に必要な矯正になります。
この説明だけでも、どれだけの部位を矯正しなければ面長矯正にならないかが読み取って頂けると、面長で悩んでいるお客様に良質で優良な情報提供になることと思います。

エステ的な施術でも、力づくの施術でも面長は矯正されな

面長は骨格的な問題ですので、エステ的な皮膚に対しての処置では、骨格的、根本的な矯正方法だとは言えませんし、逆に、強い力で無理やり矯正するという、「力任せの矯正」でも顔、頭の矯正は出来ません。

では、前述の「面長矯正で顎を引っ張られた」というお客様の場合はどうでしょうか?「顎」つまり「下顎骨」は、顎関節で即頭骨という頭の側面の骨に接続されています。
顎を手で引き上げるという行為は、顎関節に負担をかけるか、歯や、上あごにも負担が掛かるだけで、どの部分の矯正にもならず、痛くて苦しいだけでなく、危険でもあります。
レミスティック東京の考え方、施術方法は顔、頭を総合的、客観的に観察して最善の方法で改善を目指します。
※詳細に関しては、カウンセリングと体験施術のコースをご予約ください。
※カウンセリングで施術方法をご説明した上で、体験施術にて実際にその施術を体験していただけます。

面長矯正から得られる効果(仮説)

面長矯正が理論どおりに施術された場合には、以下に挙げるような結果が見られるはずです。これらのひとつも感じ取れない場合には面長矯正はなされなかったと見るべきだと思います。
・額(ひたい)の形がなだらかになった
・額の形が丸みを帯びた
・髪の毛の生え際がきれいな曲線になった
・頭全体がなめらかになった
・ぜっぺきが丸みを帯びた
・エラの張りが軽減した
・受け口状態であった口が自然になった  
面長矯正を受ける機会があるお客様、面長矯正を受けたことがあるお客様は、この部分に注意してお顔をご覧になることで面長矯正の矯正状態を見ることも出来るでしょうし、施術を受けるお店、施術を受けたお店で、この部分については記録や説明を求めることをお勧めします。

面長矯正以外の対応策

「矯正」という手法以外に、面長に対処する方法にはどのような方法があるでしょうか?美容整形という方法、髪型で面長を目立たせなくさせるという方法もあります。

美容整形

美容整形の場合も、小顔矯正の場合も、親切丁寧に相談に乗って下さるところを選びましょう。
美容整形はメスを入れるから危険で怖い・・・
小顔矯正はメスを入れないから安全で怖くない・・・
という単純なことではありません。
どちらにも100%という保障は無いのですから、ご自身で納得のいく選択をされるべきです。
もちろん、「何もしない」という選択方法も賢明な選択方法のひとつです。

エラ張り矯正の記事でもレミスティック東京なりの情報を掲載しております。
こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

どのような方法でも、メリットとデメリットは必ず存在しますので、後悔の無い選択を慎重にして戴くことをお勧めします。

ヘアスタイルで対処する

エラを気にされる人は、エラが隠れるようなヘアスタイルにする人が多いのではないでしょうか?
本当であればショートカットにしたいのに・・・という気持ちも抑えつつ。
ヘアスタイルは、ファッションのひとつとして楽しみでもあるでしょうから、
ヘアスタイルのアレンジによってお顔のコンプレックスを解消するという方法も選択肢のひとつですよね!
男性の場合は女性のようエラを隠すようなヘアスタイルはちょっと難しいでしょうけれど・・・。
本来であれば、テクニックのあるヘアスタイリストさんと、私のような矯正施術者がコラボできれば、美容の選択肢としても、美容業界としても面白い世界が開けるような気もします。
矯正、美容整形、ヘアスタイル・・・さぁ、あなたはどれを選択しますか???