埼玉の小顔矯正 エステはレミスティック埼玉・東京

痛くない小顔矯正レミスティック,痛くなく,元に戻らないと評判の小顔矯正(小顔調整),エラ矯正,面長矯正,顔幅矯正,全国出張施術

お客様専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-457-689

TEL.0495-71-7628

埼玉の小顔矯正 エステはレミスティック埼玉・東京

痛くない小顔矯正レミスティック,痛くなく,元に戻らないと評判の小顔矯正(小顔調整),エラ矯正,面長矯正,顔幅矯正,全国出張施術

blog

ブログ一覧

理想の施術について

もう、数ヶ月前の話になってしまいますが、
自分がいつもお世話になっている地元の理容室になかなか行けなくて、
東京で理容室を探して行った時のことです・・・

チェーン店でスタッフも多そうなそのお店に着くと、
自信のありそうな担当者に希望を聞かれたので、
「この状態で前回のカットから1ヶ月が経過しているので・・・」
と伝えたうえで、普段のヘアスタイルを伝えたところ、
ホント、言葉で例えると「一気に」短くカットされてしまいました。

えっ?・・・と、言葉を失ったところへ、
「どうですか?こんな感じで?」
(と、聞かれても、もう修復がきかないでしょう・・・トホホ)
左右の長さもなんとなく違って見える状態で、とにかくある程度の長さになるまでの
半月が長かったこと、長かったこと。
毎日、鏡を見るのが苦痛なほどでした。

お顔のことで悩んでいるお客様も同様か、それ以上のお気持ちで過ごしていたり、
他の店舗の矯正で失敗していたりすると思うと、他人事ではないとつくづく感じました。

お客様の不安、不満、心配事、ご要望は、丁寧に時間を掛け、
十分に耳を傾けてお聞きして、お客様の気持ちに寄り添うこと。
そこからが施術のスタートですし、施術を開始しても、慎重に丁寧な施術を心がけることは
当然のこと、「施術中も、施術後も、お客様のお気持ちをヒアリングすることが、
とても大切なこと」だということをあらためて気づかされる体験でした。

お客様は言葉では十分にご自身の気持ちを表現できるかどうかも不安でしょう。
仮に伝えられても、相手の施術者がちゃんと理解してくれるかどうかという不安もあるでしょう。

私たち施術者は、常にお客様の言葉にならない言葉に注意を払わなければなりません。
そして根気良く親切に向き合う姿勢を示すことで、お客様が何度でも気兼ねなく相談できる状況や環境を作らなければならないと思います。

また、お客様の側も、施術者の理解が不十分に感じても、簡単に諦めずに、
ご自身の伝えたいことを伝えてみて欲しいと思います。

レミスティックは、小顔矯正だけでなく、整体施術においても、
お客様のご相談には、なるべく時間を掛けて、時間を割いて応対させて頂くように心掛けております。

些細なご相談であっても構いません。
何か、心の中のことを聞いて欲しいと思われるお客様がいらっしゃいましたら、勇気を出してご相談頂けたらと思います。

こころよりお待ちしております。

小顔矯正の相談 しゃくれたアゴ、口の出っ張り Part3

2019.01.07

小顔矯正の相談

しゃくれたアゴ、口の出っ張りが気になる人の頭蓋の形状については
Part2で書きましたが、アゴの先端から頭頂部を結ぶ線が長いことが主な原因です。

理想としては、額(ひたい=おでこ)から後頭部に掛けて、
ゆるい曲線で後頭部の真後ろにも丸みがあるのが理想の形です。

このような歪みを矯正する場合、レミスティックの場合は、、
頭蓋骨の模型を観察しながら、オリジナルの理論を当てはめて計算し、
どこにどのような歪みがあるのかを詳細に検討して矯正に望むことにしています。

このようなケースのビフォアー、アフターの写真もございますので、
このようなケースでお悩みの方はレミスティックにご来店の上、
ご相談ください。

小顔矯正の相談 しゃくれたアゴ、口の出っ張りPart 2

2019.01.07

小顔矯正の相談

しゃくれたアゴ、口の出っ張りを矯正したい。
という質問について

こういう相談の場合にはご自信の横顔も気にされている方が多く、
正面だけのお顔の印象や見え方だけでなく、横方向からの見え方も大切なので、
レミスティックでは、横顔の写真も撮影して、
横顔のビフォア、アフター写真も施術の成果判断に使用しております。

この場合も、写真撮影の際に座る位置、カメラの角度など、
細かく気を配らなければ、判断材料に適した写真を撮影することが出来ません。

レミスティックでは、小顔矯正において、施術だけでなく、
お客様の心のケアも大切にしており、お客様に寄り添うという意味でも、
カウンセリングを含めて、施術前後のいろいろな部分に細心の注意を払うように心掛けております。

小顔矯正の相談 しゃくれたアゴ、口の出っ張り Part 1

2019.01.07

小顔矯正の相談 

しゃくれたアゴ、口の出っ張り・・・
このような相談のお客様の場合は、一般的に横顔では、
アゴの先端から頭頂部の一番高い部分を直線で結んだ時に、
普通の方に比べると「長い」方が多いのが特徴です。

アゴ先端から頭頂部の一番高い部分を結んだ線が長いのですから、
「面長(おもなが)」という表現も出来なくはないのですが、
正面から見た場合に、必ずしも面長に見えない人も居ます。

しゃくれたアゴや、口の出っ張りの矯正の場合、
レミスティックでは、どのように矯正するかといいますと、
頭頂部の形状を全体的に滑らかな丸に矯正することで、
しゃくれたアゴの感じや、口の出っ張りの感じを緩和させる手法を取り入れています。

もちろん、頭頂部の形状を滑らかに丸くするのは簡単ではなく、
高度な技術を要しますが、レミスティックの手技では、
このような難しい矯正でも、お客様に痛くなく、
比較的短い時間で、矯正を可能にしています。

「小顔矯正について」 シリーズ4

2019.01.07

「小顔ロジー」の理論について

小顔ロジー理論は、私の経験から生まれた小顔矯正についての理論です。
推測をまじえた部分も少なくありませんが、個人的には確信を持って更により良い、矯正術を考案していく基礎としています。

理論1

小顔ロジー理論では、
「人の頭蓋骨に歪みが認められた場合には、それが生まれた後に発生したものと確定できるもの、
または病的な原因によるものを除いて、頭蓋の歪みが発生する原因は、
母体での胎動や出産時の産道通過時や吸引分娩の外力によって生じるものと仮定」しています。

これまでの私の施術経験上では、人の頭蓋の形(=顔の形)は指紋同様に、同じ形状はひとつとありません。
顔の歪みも頭の歪みも、人それぞれ異なります。

理論2

「頭蓋骨は弾力があり外力によって形状が変化する、またはその可能性が高い」
私は、頭蓋骨の形状や構造を説明する時に、「ゆで卵」に例えて説明します。
「ゆで卵」は、ひびを入れるまでは非常に硬いものですが、
ひとたび、ひびが入ると、ひび割れた殻(から)、それぞれが動くようになります。

頭蓋骨も全体がひとつの骨ではなく、複数の骨の集合体です。
そして施術を行っていると、頭蓋骨は決してコンクリートの様に硬いものではなく、
骨のひとつひとつにも弾力があって外部の衝撃から脳を守っていると推測するのです。

顔、頭の歪みの発生原因については、胎児として母体の中にいる間、
母体の中で胎動を繰り返すことによって、頭部に捻じれが生じ、
または、産道を通過する際の圧力など外部からの力が加わることで捻じれが生じるものと推測しています。
施術をとおして観察していると、人の頭蓋は生まれた後に歪んだにしては非常に複雑な捻じれが組み合わさって歪んでいる
ケースが多く、その歪みは(顔の歪みや頭の歪み)は、とても、短時間で出来たとは考えられません。

理論3

「前頭骨、後頭骨、側頭骨を主とした後頭部が整った状態であれば顔も整っていると仮定する」
顔の歪みには大別すると、左右の目のどちらか片方が小さいか、
細いという二つのパターンに、分けることが出来ます。
つまり、顔の歪みは大別すると、「右目が小さいか細い、または、左目が小さいか細い」という別け方ができるのです。

なぜ、左右の目の大きさが異なるかというと、
頭蓋全体の中心が、右寄っているか、左寄りによっているかの、中心のズレで説明がつきます。
「右目が小さい人の頭部は中心が左寄りで、左目が小さい人の頭部の中心は右寄り」だというのは、
ほぼ100パーセントの確率で、そう言えます。

また、同時に頬骨については、
「右目が小さい人は、左頬骨が右頬骨よりも前へ出ていて。
左目が小さい人は、右頬骨が左頬骨よりも前へ出ている」ということも、
頭蓋の中心のずれによって発生するという説明が出来ます。
この頭蓋の中心のズレが、顔の歪みの基本だというのが小顔ロジー理論の基本です。

理論4

「眉毛の高さ、目の高さ、鼻筋、耳の高さ、
上下の唇の位置、上顎の位置、下顎の位置は概ね、頭の、特に後頭部や側頭部の形や位置に関係しています。
つまり、顔のパーツの位置を整えていくには頭と顔の全体の矯正を行うというのが正しい考え方だと思っています。

理論5

「頭蓋の歪みを、頭や顔の捻じれによって生じたものなので、
捻じれが解消されれれば、顔の各部の歪みもまた、解消するか目立たなくなるのではないか?
頭の形状が整った場合、あるいは頭の歪みがきれいに整った場合は顔のバランスも整うのではないか?
理論5に関しても、仮説に過ぎませんが、レミスティックでは、これまでの矯正の写真の数々から、
大変興味深い推論をいろいろと立てて、その推論に従った矯正を行っています。

それがレミスティックのオリジナル小顔矯正です。

私の推論や仮説が正しいかどうかは、これまでの施術冷の写真と共に、
レミスティックのカウンセリングと体験施術を受けていただくのが早いでしょう。

「小顔矯正について」 シリーズ3

2019.01.07

小顔ロジーの誕生

ここ数年、小顔矯正ブームが始まってから、一般的な整体院やエステでも、
「小顔矯正」メニューが導入されました。

その中で、レミスティックは「小顔ロジー」という独自の矯正方法を考案して、
施術そのものを理論的にとらえて、考案後も試行錯誤して来ました。

今日は、小顔矯正、美顔矯正、美しい頭、小さな頭にする施術について、
レミスティックがこれまで続けて来た小顔矯正の方法をまとめてみたいと思います。

一般的な小顔矯正方法は、顔に直接アプローチします。
テレビなどで施術を受けたタレントさんたちが「痛い!」などと言っている、アレです。

顔を直接押すことには危険性もありますが、疑問もおおいにあります。
特に疑問なのが「エラ」の矯正です。

これも巷で良く言われたり、ホームページでも目にすることが有る言葉だと思いますが、
「縫合線を押し込む」という説明をしたうえで、顔面を押したり、エラ部分を直接押して、
エラ矯正を行うというものですが。。。

俗に言う「エラ」というのは、下あごの骨(下顎骨=かがくこつ)の両サイドを指して呼ぶ俗称で、
成人では、下顎骨は一枚の骨となっていますので、この骨には骨と骨のつなぎめ「縫合線」はありません。

事実、下顎骨自体に圧力を掛けて、押したりしても、下顎骨が形良く変形したりはしないのです。
ただ、額関節(がくかんせつ)周辺にも力が加わることで、一時的にエラがスッキリした感じを受けます。
・・・が、ほどなく元の位置に戻ってしまいます。
下顎骨周辺の筋肉を整えるという矯正方法でも同じことです。

このことは、頬骨(ほほぼね)にも言えることです。
下顎骨(かがくこつ)のエラ矯正や頬骨(ほほぼね)矯正は、その部分だけを押すような矯正では、
矯正されないというのが、私の考え方のスタートで、現在、私が命名した独自の理論、
「小顔ロジー」誕生のスタートでした。

「小顔矯正について」 シリーズ2

2019.01.07

小顔矯正について シリーズ2 持続性

「小顔矯正の施術後、小顔矯正する前の状態に戻ってしまうって本当?」

レミスティックには、「他の矯正を何度も受けたけれど、元に戻ってしまった」
といってご相談にご来店されるお客様は少なくありません。

レミスティックの小顔矯正は「矯正後に元に戻らない」「元に戻りづらい」という
お客様の声が多く、評価が高い施術です。

レミスティックでは、これまで小顔矯正のつど、写真撮影して、撮影した画像を保管して、
数ヶ月、数年しても矯正前、矯正後の写真と比較ができるようにきました。
その結果、小顔矯正から数年後にご来店のお客様に小顔矯正の変化としての戻りが見られたのは
ごく僅かです。しかも、完全に元に戻ってしまったという例はありません。

もちろん「100%元に戻りません」という保証は出来ませんが、
なぜ、レミスティックの小顔矯正がなかなか元に戻らない理由について、
多くの人が興味を持つと思います。

レミスティックの小顔矯正が、小顔矯正施術前の状態に戻らない、
戻りにくいという理由はいくつかあります。

「レミスティックの小顔矯正のひみつ」

その1)顔面部の矯正では無く、頭部を中心とした歪みの原因となる部分に着目している
その2)特別な矯正方法での小顔矯正を行っているために、元に戻る確率が低くなる
その3)様々な手法と方向から、高度な技術によって小顔矯正を行っている
この3点が主だった理由として挙げられます。

他店での矯正を受けて矯正後に元に戻ってしまったというお客様から聞いた矯正方法は、
縫合線(頭蓋骨と頭蓋骨の接続部分)にある隙間を狭くしするという方法や、
筋肉を整えるという方法、または、骨に強い圧力を掛ける矯正方法があります。

このような、顔や頭の骨を縫合線に向かって押し込むなどの、単一方向へ力を掛ける矯正方法を行うと
痛みを伴うものが多いだけでなく、矯正前に比べて顔が変形してしまうケースも発生します。

他店での小顔矯正を元に戻す矯正を「修復矯正」としてレミスティックでは行っておりますが、
元に戻してから更により良い形に小顔矯正を行うのは何倍もの手間が掛かります。

何度も顔や頭の矯正施術を受けるよりも、元に戻る可能性が低い小顔矯正を受けておいた方が、
矯正施術料金だけでなく、相対的な時間やリスクも考え合わせるとお得な結果になることと思います。

「小顔矯正について」 シリーズ1

2019.01.07

小顔矯正について シリーズ1・・・危険性

小顔矯正は危険だというネット上の書き込み(説)について

Q:小顔矯正は危険なのでしょうか?
というネット上の質問を見かけます。
そして回答の中には「危険であり、効果がない」という回答も見かけます。

小顔矯正や頭蓋矯正は危険だという認識が一人歩きする前に、
小顔矯正や頭蓋矯正は、本当に危険なのか考えてみましょう。

家庭に常備している常備薬も、使用方法を守らなかったり間違えたりすれば、
生命に危険が及ぶものもあるように、ただ危険だというだけでなく、
どういうことをしたら危険なのかという理論的な説明する必要があります。

私の施術経験や、理論的な観点から、
「頭蓋(または顔面)に対して垂直に圧力を掛けることは危険な行為」
(避けたほうが良い施術)だといえます。

頭蓋や顔面に対して圧をかける際に、少なくとも「痛い!」と感じるような、
圧力を掛ける事は避けたほうが良いでしょう。

痛いと感じないような小顔矯正が可能であれば、危険性は大きく減るはずです。

頭蓋骨を内側へ向けて「押す」というイメージの施術の場合には、
頭蓋に相当な圧力をかけることが考えられますが、頭蓋骨は強い力で押せば小さくなるというものではありません。

レミスティックでは、頭蓋骨を押すような施術は効果が無いと発信して来ました。

レミスティックの小顔正施術は、「顔全体の捻じれを矯正する」という矯正方法で、
顔の左右を整えるなどの顔、頭の形を整える「お客様に必要な小顔矯正」を行っています。

顔には多くの場合に「捻じれ(ねじれ)」という歪みが見られます。
捻じれるというイメージを「おしぼり」に例えてみます。
絞ったおしぼりを元に戻すのに、絞った方向と逆方向に捻じりますよね?
絞ったおしぼりを元に戻すのに、両側から押したりはしないですよね?

このように顔の捻じれからくるような歪みは、捻じれを取るような矯正をすることがごく自然な矯正方法ですから、
レミスティックの小顔矯正はごく理論的な自然な矯正方法で、顔と頭とに同時にアプローチしますが、
特別な手技手法のため、無駄な力は必要ないですし、矯正施術もまったく痛くないはずです。

小顔矯正を行う際に、

・どうして顔や頭が歪んでいるのか?

・どうして目の高さや大きさが左右で違うのか?

・どうしてエラが張っているのか?

・どうして頬骨が高く見えるのか?

この「どうして」ということを考えて、お客様にも説明する必要があります。
お客様は、ともすれば、ただ小顔にしたい、小顔になりたいというだけで、
根本的な原因や悩みに気づかれていない場合も少なくないからです。

顔や頭の歪みの原因は捻じれにあるのだということを、おそらく発信している人は居ないのではないのでしょうか?
レミスティックでは、多くの小顔矯正をはじめとした施術経験から、いろいろなお客様の顔、頭と向き合ってきました。
独自の矯正方法を生み出して来ている現在、100%とは言いませんが、捻じれに対しての矯正施術、
根本的に近い小顔矯正施術が可能になって来ていると感じております。

レミスティックでは、根本的な、より自然に近い安全な小顔矯正を「審美小顔矯正」として日々、研究と検証を行っております。

本当の小顔矯正はこれだ!

2019.01.07

レミスティックでは、数え切れない小顔矯正、美顔矯正の施術経験において、
そのほとんどの施術についてビフォア、アフターの写真を残しています。

小顔矯正施術において、ビフォア、アフターの写真を撮影している店舗は、ほとんど無いのではないでしょうか?
小顔矯正施術における写真撮影は、その精度は高くないまでも、顔のゆがみを見たり、小顔矯正前後の変化を見るためには、
参考程度にとどめておいたにしても必要な作業だと思っています。

そもそも、写真を撮影しないサロン様では、何を元に小顔矯正の変化を見ているのかを知りたいところです。
繰り返し施術をする際には、特にお客様の顔のゆがみや変化を記録する方法として、どの様な記録をされているかもそうですね。
「手で触れてみて変化を感じさせる」というのは、お客様にも不満足な気持ちにもさせるでしょうし、
施術者本人が一番、データ不足で困るような気がするので、レミスティックでは小顔矯正の変化を少しでも可視化できる方法として、
写真撮影を行っていますが、写真撮影を行うにおいて、写真のフレームに対しての顔のサイズは当然のこと、顎の引き加減にも気を配る、
髪の毛をヘアバンドで止める、照明を同じ明るさにする、背景を同じにする・・・など、なるべく撮影条件を同じにする必要があります。

ここではプライバシーもあるので、小顔矯正施術の写真を掲載するわけにはいきませんが、
レミスティックでは、私の理論を元にした小顔矯正の体験施術を受けていただくことにしていて、
実際に体験施術の時点で、お客様に納得していただけるような手を尽くす努力をしております。

多くの小顔矯正の施術者が提唱する「頭蓋骨の縫合線部分が歪みの原因であり、縫合線を矯正することで小顔になる」という理論とは、
まったく異なった理論と施術を行っているレミスティックの小顔矯正施術の特徴をよく理解して頂く為に、カウンセリングや体験の時間を大切にしています。

レミスティックの小顔矯正施術では、顔面だけでなく頭部も含めた全体的なアプローチが必要だと考え、
細部にわたって丁寧な矯正を行うことを心がけています。

お客様の顔の形状は、個人個人違うのですから、お客様によって施術方法を変えていくのが本来で、
なるべく小顔矯正後に元に戻らないような施術を行うという点に、神経を集中して施術を行っています。
ということで、レミスティックの施術は、マニュアル(手順書)の無い、オーダーメード小顔矯正施術ということになります。

これまでの小顔矯正で不満なお客様、施術に失敗して絶望感いっぱいのお客様。これから小顔矯正を受けようか検討しているお客様、
レミスティックに、遠慮なくご相談下さい。

小顔矯正における他店との違い~シリーズ4~

2019.01.07

【小顔矯正において、心の声と向き合うという施術】

顔や頭の形、容貌(ようぼう)でお悩みの方は、
周囲からの心無い言葉や、視線、他店での矯正の失敗など、
いろいろな理由によって精神的な悩み、負担を抱えていらっしゃる方も少なくありません。

レミスティックでは、小顔矯正施術においても、見せ掛けの美しさではなく、
心から安らぐ小顔矯正をモットーにして、心からの笑顔をお顔に映し出してもらうための、
「小顔矯正・美顔(ほほえみ)セラピー」に取り組んでいます。

小顔矯正だけにとどまらず、心も含め、身体全体のサポートをさせていただき、
「矯正による癒し」という新しい施術でお客様にくつろぎと癒しの空間をご提供させていただいております。

小顔矯正と平行して、疲れた心と身体も同時に癒して、光に満ち溢れた健康的な笑顔の毎日を送っていただきたい・・・
レミスティックでは、小顔矯正施術に心からの願いをこめて、充実したサービスをこれからもご提供してまいりたいと思います。