BLOG

ブログ

  • ホーム
  • 小顔矯正
  • 知っておきたい小顔矯正情報ー顔の歪みは、体の歪みに関係しない?!

知っておきたい小顔矯正情報ー顔の歪みは、体の歪みに関係しない?!

小顔矯正について騙されてはいませんか?

顔の歪みに関係しない体の歪み

体の歪みってなんでしょう?

「骨盤が歪んでいる・・・」「背中が曲がって猫背になっている・・・」

このような事を整体院などの施術者に言われた経験はありませんか?
「骨盤が歪んでますよ」などとプロの施術者から指摘されたら誰しも心配になるでしょうし、
出来れば直したいとか、(それで腰が痛いのか)などと思ってしまうはずです。

そして、これらの歪みを「骨の歪み」だと思っている人も多いはずなので、
私(レミスティック東京・院長)の経験を交えて、「歪み」について記事を書きます。

普段、仕事や家事に追われてお疲れの人は、体の不調に敏感になりますよね。
そして疲労を少しでも解消したいと思ってマッサージを受けにも行きたくなります。
そこで、先ほどのように骨格のゆがみを指摘されたら、心は穏やかではないでしょう。
健康面ではなく美容面でもプロポーションに関わるとしたら、歪みを改善して美しい姿勢や、
ボディラインを手に入れたくもなります。

しかし、実際に骨格はそれほど歪むものなのでしょうか?
例えば、学校の理科室や保健室、接骨院、整体院などで骨格の模型を見たことありますよね?
その模型が、勝手に夜中に動き出して骨盤が歪んだり、背中が歪んだりしたらホラーです。

「そんなことは、あるはずがない」理性と知性を持つ大人なら信じられない話です。

骨格は勝手には歪まない…では、なぜ歪むのか

人体は骨格だけでは成り立ちません。立つ事も、座ることも、動くことも出来ません。
人体が人体としての運動機能を持つために必ず必要な組織に「筋肉」があります。
細かく言えば、「腱(けん)」なども必要なのですが、ここでは筋肉に限定します。
筋肉は、その発達度合いや使い方で、左右の力のバランスが異なってきます。
左足のふくらはが張っているかと思えば、右足の太ももが張っていたり…。

一般的に言われる体の歪みは、骨の周囲を取り巻く筋肉の緊張などによって、
筋肉のバランスが崩れた結果、骨格をいろいろな方向へ引っ張るために、
姿勢が崩れたり、捻じれたりします。
この結果が「体の歪み」「姿勢の悪さ」に現れ、美容的にはヒップの形、ウエストくびれ、
バストの形などにも影響が現れます。

「体の歪み」というよりは「筋肉の歪み」

人体を背中側から見て、背骨を中心にして右側の筋肉が緊張して縮むと、
体は右側に引っ張られます。そして、体の軸(背骨)は引っ張られた右側へ傾きます。

背骨を中心にして左側の筋肉が緊張して縮むと、体は左側に引っ張られます。
体の軸(背骨)は引っ張られた左方向へ傾きます。

骨盤も同様に周辺筋肉の影響で上下に傾く、前後に傾く(体が捻じれる)ため、
「骨盤が歪んでいます」と言われるのでしょうが、これは表現に問題があります。

実際は、骨盤そのものが歪むことなどとても稀なことで、
性格には、周辺筋肉のバランスが崩れているという表現が正しいのです。

実際の施術でも、筋肉を軽くほぐすだけでも、骨盤の位置は正常になり、
背筋は伸びて綺麗な起立姿勢になるものです。

骨盤が歪んでいると言われても心配はいりません

「骨盤の歪み」も同様で、筋肉の緊張が偏りますと、骨盤も傾いてしまいます。
「骨盤が歪んでいるから、骨盤矯正が必要」だと言われる人も多いかと思いますが、
私は『骨盤が歪んでいる』という言葉は好きではありません。

多くの場合は、骨盤周辺の筋肉の緊張などの問題であって、
骨盤に問題があるわけではないからです。

このように考えると、身体の歪みの原因の大半は筋肉の歪みに原因がある、
ということが理解してもらえると思いますが「顔の歪み」の場合は別です。

顔の歪みと体の歪みの違い

頭蓋骨は複数の骨の接合で立体的に構成されています。
グロテスクなお話ですが、土の中などから人骨が発見された場合、
首から下はバラバラになっていても、頭蓋骨はそのままになっている…
そのような写真などをご覧になったことはないでしょうか?

頭蓋骨は、頭蓋骨だけで形状を保つことが出来るということです。
しかし、首から下はバラバラになってしまうということからも、
体を支えているのは筋肉を中心とした組織であることもわかります。

顔は頭蓋骨の前面部分。頭蓋骨の一部ですから筋肉の影響を受けることが、
仮にあったとしても、ごくわずかのものだと考えるのが自然です。

骨の問題ではなく、皮膚の問題でしたら、整体やマッサージによって、
血流が良くなる等の細胞組織の変化によって、皮膚のたるみの改善にもなって、
張りのある、スッキリした顔になるというようなことは起こります。

エステ的な施術では変化しない骨格

それでは、エステ的な施術、皮膚組織にアプローチする施術によって、
エラや頬骨などの骨格に変化が出るのでしょうか?

答えは「ノー」です。

皮膚組織と頭蓋骨の成り立ちは、まったく別なものです。
どれだけ皮膚を強くこすって刺激しても、骨格に変化は現れません。

顔の歪みは生まれつきのもの

顔の歪みが体の歪みに影響されないということは大体わかってもらえたでしょうか?
また、寝相や噛みぐせなどの生活習慣にも影響されません。
となると、顔の歪みの原因はどこにあるのでしょうか?

生まれたての赤ちゃんはどうでしょう?
生まれたちの赤ちゃんでも、頭の形がいびつな子は多いというよりは、
ほとんどの赤ちゃんの頭の形はいびつだと考えて良いはずです。

母胎で成長する過程で、頭の形を良くするための装置をつけていますか?
母胎の中では自然に任せて成長をします。
自然であるということは、均一に整っている事の方が不自然になります。
ですから、母胎の中での成長過程において、すでに歪みは生じているといえます。

顔の歪み、頭の歪みは、「捻じれ(ねじれ)」にある

ここからは、私の経験からの見解(主観)になります。
施術に際して、数多くの人の顔の形状、顔の歪みと合わせて、頭の歪みも見てきました。
また、実際に触れて確認もして来ました。

そのうえで、顔の歪みと頭の歪みには関連性が高く、どのような人にも例外はない、
と思えるくらいに、顔の歪みと頭の歪みは相互に関係しあって見えます。
更に言えるのは、顔の歪みと頭の歪みの共通点として、頭蓋の「捻じれ」です。

重ねて申し上げますが、この部分の記事は、医学的な検証を経た記事ではありません。
医学的な検証や、医学的なデータから導き出した科学的な見解ではありません。
然し、個人的には、どうみても自分の見方が間違っているようには見えないのです。

顔や頭が捻じれているのが顔の歪みの原因だという仮説

もしも、顔の歪みが、顔や頭の捻じれによるものだと仮定した場合、
その捻じれが生じるような力は、どこで頭蓋に加わるのだろうか…?
産後に頭に対して捻りを加えるような生活上の機会は考えられません。
顔の歪みが人間のほとんどに見られるとしたら、捻じれの外力が生活習慣には、
関係なく、どこかで加わったはずです。
全世界、誰もが経験することといえば、母胎の中での成長段階か、
産道を通過するとき意外には考えられ(思いつき)ません。

顔と頭の歪みを、頭蓋骨の構造から推測する

私は、顔と頭が一体の構造である以上、顔と頭は関連して歪むと考えています。

「顔と頭は同時に歪み、顔と頭の歪みは、部位、部位で関連性がある」という前提で、
ある手法をもって施術を行って来ました。
その結果は、個人的には自分の考え方、推論を支える結果を出している感じを受けます。
もし、その施術方法が違っていたとしたら、結果も良くはないでしょう。
間違った施術にお客様の信頼を獲得できず、お客様の信頼が集まるはずもありません。

特に私の施術は、施術の前後でタイムリーにお客様の顔写真を撮影していますから、
施術の結果が出ていなければ、その時点でお客様の評価は得られなくなってしまいます。

これらの経験と、その経験から推測して導かれた推論では、
体の歪みと顔の歪みとの関連性は考えなくても良く、顔の歪みは顔の歪み、
強いて言えば、頭の部分を含めた「頭蓋骨全体の歪み」だと私は思っています。

生活習慣と顔、体の歪みについて

逆に、体の歪みが顔の歪みに関係するという理論を前提にしてみましょう。
体の歪みは、個人個人でそれほど大きな違いが見られるでしょうか?
生活習慣にしても、ひとりひとりが全く関連性の無い生活習慣や、
社会生活を送っているということについてはどうでしょうか?

生活習慣や体の歪みだけで、眉の高さ、目の左右の大きさ、鼻の曲がり、
エラの張り、頬骨の高さなどなど、様々な顔の歪みが生まれるでしょうか?

もし、生活習慣、社会生活(日常生活)の中で、体の歪みと同様に、
顔が歪むのだとしたならば、私たちの顔は毎日のように歪むのでは?
毎月、自分の顔を写真で撮影したとしたら、その月ごとに歪みが異なる顔が
写っていることになるはずです。

小顔矯正施術の方法について

どの様な生活を送れば、どの様な歪みが出るのかが明確でなければ、
顔の歪みを矯正するとか、小顔にするとかなど小顔矯正は難しくなります。

眉や頬の高さで悩んでいる場合、その原因を知る必要はあります。
では、骨盤を矯正したら、眉の骨や頬骨が低くなると想像が出来るでしょうか?
或いは、目の左右の高さ、耳の左右の高さについてはどうでしょうか?

骨盤の歪みや体の歪みから小顔矯正としてアプローチするのが悪いとは言いません。
ただし、それなりの納得できる理由が欲しいとは思います。
納得できる理由や説明がつかない歪みに対して行う施術は、
原因の明確でないままに施術をするという、ちぐはぐな話になってしまいます。

小顔矯正は簡単ではない!その難しい部分は?

顔の歪みに対する施術は、顔の歪みの原因や理由が分かってから、
実際の施術に掛からなければなりません。

顔の歪みの原因や理由が分かったとしても、
それが解決するだけの矯正が出来るのかどうかは個人差があります。
それだけに小顔矯正施術が思うように進まないことも多々あります。
ただ、顔の歪みを良く観察すること、お客様に説明が出来るということで、
少なくとも的外れな小顔矯正施術を行うというリスクは大きく減って、
的外れな施術を受けなくて済むお客様は、増えることでしょう。

レミスティック東京では、カウンセリング時点で、顔の歪みの特徴を明確にして、
施術方法や施術の流れについても、なるべく明確に説明が出来るように心掛けています。
小顔矯正のご相談は、レミスティック東京へ。