レミスティックの小顔矯正が「日韓エステサロン」チャンミさんとの共同運営で表参道に!

「重盛さと美」さんがきっかけで

この度、「日韓エステサロン」チャンミさんの全面的な協力を頂き、表参道のチャンミさんのサロンをお借りして、レミスティックの施術がスタートします!

チャンミさんをプロデュースする「葵ローズ」さんは、重盛さと美さんがリーダーのユニット、SSLの元メンバーで、レミスティックとは重盛さと美さんと通じての長いお付き合いになります。

重盛さと美さんとは、知人の関係で都内の某スタジオでお会いしたのがきっかけで、その後に重盛さと美さんの所属する事務所を通じて葵ローズ(当時はローズさんでした)さんに繋がっていくのですから、人との出会いは、いつ、どこで、どう始まり、繋がっていくか分からないものですね!

ローズさんはやがてSSLから離れ、別の事務所に移籍して葵ローズを名乗るわけですが、今年に入って『「日韓エステサロン-チャンミ」をオープンさせます』とご連絡を頂いたことから、小顔矯正を主としたレミスティックの施術を共同運営という形でチャンミさんのサロン内で提供させて頂く運びとなりました。

目次

「よもぎ蒸し」がメインメニューのチャンミさん

葵ローズさんプロデュースのチャンミさんは、よもぎ蒸しがメインメニューになります。
私はよもぎ蒸しを初めて知ったのですが、チャンミさんのホームページによると…

 

 

「600年以上前から存在する韓国の民間療法の一つです。
よもぎの葉を蒸した蒸気を直接肌や粘膜から吸収させることにより、身体を温め、身体全体を内側から温めていく療法です。
体内の中でも40倍ほどの吸収率があると言われている膣や肛門の粘膜から、「よもぎ」をはじめとする数々の漢方スチームを吸収させます。

昔から、韓国やアジアの女性は薬草や漢方薬をお湯で沸かし、そのスチームを下腹部に当てる「下湯」で身体全体の健康と美を保ってきたそうです。

岩盤浴よりも早くデトックスすることができ、美白効果やダイエット、女性器のお悩みを薬草や漢方の力で解決してくれます。」

 

 

という紹介記事が掲載されています。

なるほど、ただサウナ状態で蒸されて温まるだけでなく、身体の粘膜を通して「よもぎ」の蒸気を吸収することで、いろいろな効果を期待するのですね!

「よもぎ」には、体を温めて冷えを追い出すと、韓国の「東医宝鑑」(朝鮮時代の第一の医学書)に記載があるようですので、古来より薬草として研究されているのでしょうね。
韓国だけでなく中国でも「よもぎ」は薬草としていろいろな使われ方をしているみたいで、
ウィキペディア(Wikipedia)には以下の様な情報が掲載されています。

「よもぎには、特有の香りがあり、若い葉は食用され、生葉は止血、干した葉を茶のようにして飲むと、健胃、下痢、貧血など多くの薬効があるとされる。葉には精油(シネオール50%、アルファーツヨン、セスキテルペン)0.02%のほか、アデニン、コリン、タンニン、葉緑素のクロロフィルなどを含んでいて、精油は内服すると、血液の循環を促して、発汗作用、解熱作用が働き、浴湯料としても、のどの痛み、腰痛、肩こりの痛みを和らげる。
また、タンニンが、組織細胞を引き締める作用によって、止血や下痢止めに役立てられている。ヨモギ属の属名 Artemisia は、ギリシャ神話の女神アルテミスに由来し、月経痛・生理不順・不妊に効果があるとされ、ヨモギは、その他の多くの薬効があることからハーブの女王の異名がある

食用としては、春先に摘んだ新芽を茹で、おひたしや汁物の具にしたり、天ぷらにするほか、餅に入れて草団子や草餅(蓬餅=よもぎもち)にして食べる。

香りの主成分はシネオールによるもので、ツヨン、β-カリオフィレン、ボルネオール、カンファー、脂肪油のパルミチン酸、オレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などを含む。

民間では、艾葉1日量15グラムを約600 ccの水で半量になるまでとろ火で煮詰めた煎じ汁を、あせも、湿疹の患部に冷湿布する用法が知られている。また、この煎じ汁をうがい薬として用いると、歯痛、のどの痛み、扁桃炎、風邪の咳止めに効果があるといわれている。下腹部の冷え、痛み、生理痛、生理不順、子宮出血には、同様に1日量3 – 8グラムの艾葉を、約400 – 600 ccの水で前記に準じて煎じた汁を3回に分けて服用する用法が知られている。温めながら治す薬草であるので、手足がほてりやすい人や、のぼせ気味の人には禁忌とされる。また、8 – 9月ころに、地上部の茎葉を刈り取って刻んで干したものは、布袋に入れて浴湯料として風呂に入れると、肌荒れを防ぎ、痛みを和らげ、保温に役立つ効果があるので、あせも、肩こり、腰痛、神経痛、リウマチ、冷え症に良いとされる。青汁は、血圧を降下させると言われている。アイヌの人々は風邪や肺炎の際に、ヨモギを煮る際の蒸気を吸引させて治した

・・・と記載がありますから、よもぎには凄いパワーが秘められている気がします。
昭和の半ばには都心近郊の川の土手にも自生していましたし、今でも人の手が余り入らない土手などには自生していますから、日本人にも身近な植物のひとつです。
この記事を書いている私=レミスティック院長も、よもぎ餅は大好物で、本当のよもぎをふんだんに使ったよもぎ餅は香りも味も良く、埼玉県秩父市の秩父駅前の和菓子屋さんのよもぎ餅は本当に美味しいです。

「よもぎ効果」と「レミスティックの施術」

この様なさまざまな効果効能が期待される「よもぎ」を使った「よもぎ蒸し」で、体を温めた後にレミスティックの整体施術、または小顔矯正を受けて頂けると、相乗効果が期待できそうですね!

基本的にはカラダを温めて悪いことはなく、現代人には冷え性の人が多いことからも積極的に温めても良いでしょうね。最近では若い人が湯船に入る入浴をしなくなったというニュースも聞きますから、一日の肉体的、精神的ストレスを解消するためにも入浴、温浴代わりに「よもぎ蒸し」でリラックスするのもお勧めです。
私が知人のシャーマン=呪術師に聞いた話では、「入浴には体内の邪気をお湯(水)に流して良い気と循環させる「清め」の効果があるので1回30分はお風呂に入るべし」とのこと。
「よもぎ蒸し」にも「気」を清める効果も期待できそうです。

「ひとりで悩まずにご相談を!」

レミスティックでは、肉体的ストレス、精神的ストレス、腰痛、肩こりなどの相談も受けています。
日頃のお悩みでも、長年のお悩みでも、お気軽にご相談下さい。
じっくりと相談したい方も歓迎いたします。
お客様ひとりひとりに合わせた施術や、リラックス暗示療法などもケースバイケースで織り交ぜての施術を行い、より早く、より効果的な形で結果が出るような施術方法をチョイスしてご提案させて頂いております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

オリジナル小顔矯正(小顔調整)とオリジナル整体で全国からご来店を頂いております。小顔矯正(小顔調整)と整体は、施術例、施術経験豊富なレミスティックへ是非ご相談ください。

目次
閉じる