BLOG

ブログ

小顔矯正について考える

小顔にする本当に効果のある小顔矯正

小顔矯正のレミスティック東京が、小顔にするための本当に効果のある
小顔矯正についてお教えしましょう!

小顔矯正におすすめな小顔矯正方法

「小顔矯正」というキーワードで、
皆さんはどのような小顔矯正方法を思い浮かべますか?
・小顔矯正は痛い
・小顔矯正には何度も通う
・小顔矯正は元に戻る
・小顔矯正には効果が無い
このようなマイナスイメージと、そうではなプラスイメージと比べてみても、
残念ながらマイナスイメージの方が多く持たれているのではないでしょうか?
では逆に
・小顔矯正は痛くない
・小顔矯正には何度も通わずにすむ
・小顔矯正は元に戻らない
・小顔矯正には効果がある
という評価を持ってもらう小顔矯正を浸透させなければならないですね。

ところで、
小顔矯正で小顔になるためには、どのように矯正するべきなのでしょうか?
小顔矯正で小顔になるために必要なことは、
・顔が大きく見えている理由
・顔が大きく見えている原因
この二点をみつけることです。
こんな当たり前なことが、当たり前に出来ていない小顔矯正!

そんなの小顔矯正じゃない!!


小顔矯正に関して、正確な情報がお客様に提供されていますか?
小顔矯正施術に行って、小顔矯正の正しい情報が提供されずに、
小顔矯正で痛い施術を我慢して、お金を取られてしまう・・・
そんな小顔矯正しか、小顔矯正として思い浮かばないとか、
小顔矯正のイメージになっているなんて悲しすぎます!

痛くない小顔矯正は無いの?
戻らない小顔矯正は無いの?

痛くなく、元に戻らない小顔矯正

痛くない小顔矯正、元に戻らない小顔矯正があります!
元に戻らない…という部分に関しては最低半年の保証をします。

レミスティック東京の審美小顔矯正は、矯正後、半年で元に戻れば無料で矯正をし直します。

大きな顔で悩んでいる人の顔が本当に大きいのか
どこを見て、どこをどのように感じて顔が大きいと思うのか
その部分を徹底して探るカウンセリングが受けられます。

そして、どのような施術で小顔が実現できるのか説明します。
「ちょっと小顔になればいい」それだけでしたら簡単です。

レミスティック東京で、新鮮な小顔矯正体験をしてみませんか?
「顔や頭をそっと包んで、じんわりと矯正するだけ」

こんなことで小顔矯正ができるの?と驚くと思います。
小顔に感じるまでの時間はわずか数秒!! 
速感!小顔矯正はレミスティック東京ならではの小顔矯正技術です。
押さない小顔矯正、痛くない小顔矯正、東京で受ける小顔矯正はレミスティックで。

押さずに矯正する小顔矯正???

そうです。
押す小顔矯正はもう古い!
押さずにふんわり矯正することを考えました。
手のひらを頭の形に沿わせて、ふんわり矯正するだけ!
それで元に戻らないの? 疑う人は体験施術を受けてみて下さい。
元に戻らない!と感じてもらえれば小顔矯正は成功です。
即感小顔矯正、速感小顔矯正が、ずっと感じる小顔矯正になります。
顔が大きく見える人に次の図のように単に歪んでいるだけ・・・
で、本来は小顔かもしれないのに大きな顔に見えている人もいます。

こんな顔の場合、横から押してもダメですよ!
いくら痛い小顔矯正を我慢しても小顔にはなりませんよ!
ソフトにソフトに、本来の顔の形状に戻す小顔矯正であれば、
痛くなく小顔を実現することが可能です。
それには時間なんて掛かりません!
それが速感小顔矯正、それが即感小顔矯正です!!

小顔矯正のご相談実例

Q: 30歳女性「最近、急に顔が歪んで来た感じで、顔のタルミや目の重さが気になる。」
A:【カウンセリング検証とアドバイス】
この方の場合は、一見して、額の歪み、左右の顔の傾きが見られました。
写真撮影したところ、向かって右側の額に光が強く当たっていました。
みなさんも、額を鏡に映しながら指の腹で、ゆっくりと額をなぞってみてください。
(キレイなカーブをしている人は珍しいです)
また照明の光が額のどの部分に当たっているか、額の光っている部分を見てみましょう。
左右、どちらかに偏って当たっていませんか?光っているところが一番高い部分になります。
後頭部を触ると中心位置が左にずれていて、若干、下がっていました。
私の経験談ですが、多くの人は20代後半~30代前半に後頭部に下がりが見えます。
この関係で偏頭痛の相談がこの年代に多い感じがします。
顔側は左に、頭側は右にネジレていました。
体験矯正で、大きなネジレを矯正して、顔の左右の位置、輪郭を軽く整えた結果、
照明の光の当たり方が均等になりつつあり、輪郭もなだらかに変化しました。
その後、座った状態で微調整(微矯正)しながら数枚の写真を撮影して、
矯正の変化を確認し合った結果、お客様は納得されて契約に至りました。

Q: 25歳女性「受け口で、頭が大きいのが悩み。顔のエラも気になる」
A:【カウンセリング検証とアドバイス】
この方の場合は、額に丸みが無く、頭のハチが張って、ぜっぺきな頭でした。
また、顔が横に広い分、エラもはってしまっています。
写真撮影した結果、左の眉が右の眉に比べると明らかに高い状態で、
耳の高さも左が低いことが確認できました。
みなさんも、鏡で眉や耳の高さを比べてみましょう。

後頭部を触る左右の高さに違いがあり、エラの張りを示す耳の後ろの骨も出ていました。
特に右のエラよりも左のエラの方が張りが強い状態でした。
体験矯正で、エラの張りを矯正しながら、頭のハチを同時に矯正し、
すぐに、その場で手で触れた感じの変化を確認してもらいましたが、凄く驚いていました。
写真撮影でも、施術前に比べて明らかに顔のエラの張りが減り、頭に丸みが出ていました。
お客様には、今後の施術の進め方などを丁寧にご説明させていただき、
お客様は結果に喜んで、この先の変化を楽しみにされて契約に至りました。

~なぜ、痛くなく、スグに変化が確認できる矯正ができるのか~
もちろん、お客様の感じ方には個人差がありますが、
私の手から出ている微細な振動、微細な波動が、顔、頭に働いて
小顔矯正されるのでは?と推測されるお客様もいらっしゃいます。
または、気功のようなものでは?と言うお客様もいらっしゃいます。
理由はともかく、レミスティック東京の審美小顔矯正は、
痛くなくて小顔になるから、そしてそれが持続すると感じるから
レミスティック東京の小顔矯正が受けたくなる・・・と、
一般のお客様や、芸能関係のお客様がおっしゃって下さるのだと思います。
「頭蓋骨は動かない」そんなことは、どうでもいいじゃないですか?
頭蓋骨が動かないのであれば、何かが動いているのかもしれないですし、
何かが変化しているのかもしれないですが
小顔になるための小顔矯正に必要なことは、
本当に小顔になったと実感してもらえることと
小顔になるだけでなく、顔のバランスが整うこと
顔全体のバランスだけでなく、目や眉や頬骨や顔のエラなど
小顔に必要な要素を満たした小顔矯正であるということです。
レミスティックの小顔矯正、即感小顔矯正、速感小顔矯正をぜひ体験して下さい!

小顔矯正の癒し効果

小顔矯正にも施術方法によって癒し効果が期待できます。
ヘッドマッサージ、ヘッドスパ、スカルプマッサージなど頭部のマッサージは人気です。東洋医学的にも頭部には神経系統や目、鼻に関連するツボがあるので、
頭部をマッサージすることでリラックス効果、疲労改善効果が期待できるからでしょう。

そのような効果効能を知らずとも、頭部のマッサージは気持ち良いですよね!
小顔矯正のレミスティック東京の審美小顔矯正は、基本が頭部への施術になるためにリラックス効果は抜群!
施術を受けるほとんどのお客様が、寝息をたてて熟睡してしまうくらいです。
熟睡できるくらいなので、痛くない小顔矯正だとお分かりでしょう。

痛くない小顔矯正で効果を実感したいお客様は、レミスティック東京の小顔矯正カウンセリング&体験コースをお試し下さい。

本当の小顔矯正は理論的な施術から実現されます。
小顔矯正のレミスティック東京は20年以上の経験を持つ老舗。

本来の小顔矯正はこうあるべきではないか?
本来の顔の位置と頭の位置関係はこうあるべきではないか?
顔のゆがみと頭のゆがみの関係など、まだ一般的に世間で知られていない小顔矯正の核心にレミスティック東京の小顔矯正施術は迫っています。

小顔矯正の可能性、小顔矯正の多様性、小顔矯正の奥の深さを、多くの方に知って欲しいと思います。
小顔矯正のお店が増えてはいますが、 「痛くない小顔矯正」として開業当初から施術方法と理論を変えず「顔にはほとんど触れない小顔矯正」を行っているのはレミスティック東京だけです。

先日ご来店のお客様も「顔に触れていないのに顔が変わるのが不思議すぎる!」
と、驚きの声を連発していましたが、それがレミスティック東京の理論的小顔矯正です。

「小顔矯正は頭蓋骨を揉め!」

「頭蓋骨矯正」というキーワードが消費者庁によりNGワード指定されてしまったことで、理論的な小顔矯正を説明することがとても難しくなってしまいました。
なぜ「頭蓋骨は動かない」と決めたいのでしょうか?
頭蓋骨が動いたら困ることでもあるのでしょうか?
頭蓋骨が動かないのなら、なぜレミスティック東京の矯正は、頭だけ触って、
耳の高さや眉の高さ、顔の輪郭、頬骨の高さ、目の周囲の高さから、頭の形に至るまで変化が出るのかについては、誰も興味を持って検証しようとはしません。

頭蓋骨は動かないのであれば、頭蓋骨を揉んでみたらどうでしょうか?
頭蓋骨を揉んだらエラがスッキシリして小顔になったとしたら、どうしてそうなったのかを医学の世界で興味を抱いてほしいですね!

本当の小顔矯正について考える

小顔矯正とその他の顔の矯正

小顔矯正については多くの人が興味のある分野で、「小顔矯正」というワードは、雑誌でもテレビでもインターネット上でも頻繁に目にしたり耳にしたりする言葉ですよね。

今回は、その小顔矯正の専門家であるレミスティック東京・院長が、小顔になることと、その他の面長矯正や顔のエラ矯正、頭部のハチ(ハチ張り)矯正などについて書いてみようと思います。 

小顔矯正とはどのような矯正を小顔矯正と呼ぶのが正しいのでしょうか?
小顔の定義というのはどのような定義でしょう?

  • 小顔とは、顔の横幅が小さい顔のことをいう?
  • 小顔とは、顔の縦の長さが短い顔のことをいう?
  • 小顔とは、顔全体が小さい顔のことをいう?

小顔ということが、顔全体が小さいとしても、何に比べて小さいかというと比較対象がとても曖昧だという事はお分かりだと思います。
顔が大きくてお悩みの方は、有名モデルさんや女優さんと比べたり、友人知人と比べたりした結果、ご自身の顔が大きいと思われたかもしれません。
レミスティック東京にも小顔になりたい方がたくさん相談に来られます。

小顔矯正のレミスティック東京では、ただお顔が小さいだけでは小顔の要素は満たしていないと考えています。
小顔矯正で重要なこと、また、小顔矯正で目標とするのはお顔のバランスです。

顔の左右の幅、顔の左右の輪郭、目の大きさ、目の高さ、眉の高さ、鼻筋、耳の見え方、耳の高さなどなど、全体のそして各パーツのバランスがとても重要な要素になります。

「真の美」を意識して、敢えて厳しいことを述べるとすれば…

「どれだけお顔が小さくても、このバランスが悪いと本当の小顔、美しい小顔とは言えないのではないか」

というのがレミスティック東京での「美の要素」「美のテーマ」です。

顔のバランスとは


それでは、小顔になるため、美顔になるためのバランスの良さはどうしたら手に入れられるのでしょうか?

それは、「きれいなバランスの良い後頭部」を手に入れることです。

「綺麗な後頭部」=「バランスの良いお顔」

小顔、美顔には、この「後頭部とお顔の法則」が必ずあるのです。

なぜ、ここまで言い切れるのかをご説明しますと、後頭部とお顔は、前後が対になった「容器」のようなものだからです。

頭蓋骨が形成される段階で、顔、頭の各部分の骨が、バランス良く発育して、バランス良く成長していれば、間違いなくバランスの良い頭と顔になります。

つまり、頭の形は悪いけれど顔は整っているということも、その逆も通常であれば有り得ないことになります。

小顔矯正において、顔のバランスを良くすることが最大の要素、最重要のテーマだとすれば、頭の形を無視するわけにはいかないということです。

これは避けては通れない小顔矯正の真実です。

レミスティック東京では、頭の形を無視しない小顔矯正を行ってきました。

「頭蓋骨矯正」がNGワードとされている現在、「頭蓋骨揉み小顔矯正」という新しいジャンルを作り上げて小顔矯正に取り組む、顔と頭のバランス重視の小顔矯正の先駆者だと胸を張って言える自分になりたいという気持ちで、毎日、お客様のご要望を叶えるために施術に没頭して20年が経過します(2018年現在)

この20年間、顔と頭の関係について、私が立てた推論に疑問を挟む余地は有りませんでしたし、小顔矯正の経験が増えれば増えるほど、推論が確信になるばかりです。

真の小顔矯正=顔のバランス=後頭部のバランス

顔、頭のバランスが整ってこその小顔矯正だと言えます。

 

関連記事

(Visited 15 times, 1 visits today)