BLOG

ブログ

面長・ハチ張り・エラ張り解消

レミスティック東京 院長です。
今回は面長と面長解消のための面長矯正、ハチ張りとハチ張り解消のためのハチ張り矯正、エラ張りとエラ張り解消のためのエラ張り矯正について書きたいと思います。

美容院のお話

美容院でお仕事をされているヘアーデザイナーの方に聞きますと、面長やエラ張りでお悩みのお客様のご来店も多いそうで、面長に見せずに小顔に見せるヘアーデザイン、エラが張って見えないヘアーデザインなど、美容師さんには美容師さんの技術やご苦労がいろいろとあるそうです。
ところが、ハチの張りなど頭の形状に関しては、ヘアースタイルで頭のハチを隠したり、頭の鉢や張りが無いように見せたりすることは多少は可能かもしれませんが、髪の毛が生える土台となる頭部の形は、ヘアースタイル自体に影響が大きく、ヘアースタイルを左右したりするのではないでしょうか?
それでは、頭の大きさ、角張り、ハチの張りは、まったくどうにもならないのでしょうか?

小顔矯正と面長、頭の形、エラ

レミスティック東京の小顔矯正は、面長矯正や、頭の形(ハチ張り)の矯正、エラの矯正頭部の矯正にも多くの施術例があります。
小顔矯正に関心があってインターネット検索で調べたことがある方でしたら、「頭蓋骨は動かない」「小顔矯正の効果は無い」という情報の他に、「頭蓋骨には縫合という骨と骨を繋ぐ部分があって、この部分が開いたりずれたりすると顔や頭が歪むというが、そのような事は無い」または「頭蓋骨は成長と共に硬化して、まったく動かないため、頭蓋骨矯正は出来ないし、小顔にもならない」という記事を目にしたことがあるのではないでしょうか?
小顔矯正には本当に効果が有るのか?頭蓋骨の形状は変えられるのか?という議論は、小顔矯正に興味のある人にはその答えをしりたいと思うはずです。
特に、本気で顔や頭の形、顔や頭の大きさで悩んでいる人は、確かな情報が発信されることを望んでいるはずです。

面長、頭の形、エラの悩みの解消法

面長、ハチ張り、エラ張り、顔や頭の形、大きさで悩んでいる人にお聞きしましょう。
これらの根本的な悩みを、美容院でも解決できない、病院でも解決が出来ない、美容整形外科でも解決が出来ない、もしくは美容整形手術は受けたくない。
という状況を想定した時に、悩みを解決する手段は何でしょうか?

私は、小顔矯正は効果が無い、小顔矯正なんてインチキだ、頭蓋骨は動かない、という情報に対して、どのことも、「どうして断言が出来るのか」と聞きたいですね。
小顔矯正の効果が無い、インチキだという人は、その効果を認めたくないだけで、実際には効果的な小顔矯正施術を受けたことがないのです。
頭蓋骨が動かないと決め付けてしまう人も同様だと思います。

「医学的には」という言葉は便利な言葉で、真実味を持たせるキーワードですから、「医学的には小顔矯正を認めていない」「医学的には頭蓋骨は動かない」と言う記事を見たり、人から言われたりすれば、そう信じてしまう可能性はとても高いはずです。
しかし、「医学的」というのはあくまでも「医学としては」という枠組みの中でのことですから、医学的には立証が難しいことや、考えられないことも、現実にはたくさん有るのが自然界で、人間の医学や科学がすべてを把握し、解き明かしていて、絶対だということはありません。
例えば、癌(ガン)を発症した人でも癌がまったく消えてしまった例や、医師から歩くことが出来ないと言われた人が歩けるようになった例など、医学では解明できない現象があることも良く聞く話です。
私自身も40年もの長い間、原因が分からないままであった「過敏性大腸症候群」が1年ほど前に治癒されましたが、その一ヶ月前には、専門医から治療法方は無いと言われていた病気です。

この様に、医学や科学の常識が常識でない側面も見る必要が有ります。
小顔矯正も頭蓋骨矯正も、完全に否定してしまうだけでは何も生まれては来ないのです。
ただ、頭蓋骨矯正においては、現時点で科学的なデータを取る環境が整っていないというだけに過ぎません。
頭蓋骨にあっては、生きている限りは血液も体液も身体を循環していて骨組織が存在しているのですから、頭蓋骨だけは弾力も何も無く、硬化して動かないものだと決めつける方が不自然だと感じませんか?

それと反して、頭蓋骨の骨と骨の縫合部分が年齢と共にズレたり、隙間が生じたりするという説明に対しては私の納得がいかない部分です。
頭蓋骨の縫合線部分に、仮に多少のズレが生じたり、隙間が生じたりしたとしても、大きく顔を歪めるほどに影響すると考えるのには無理があります。
小顔矯正や頭蓋骨矯正が医学的、科学的に解明が進むようにするためには、民間と国との境界線をなくして、共同で研究する必要があるように思われます。

「美容」について考える

美容院へ行く、美容院で髪型を変える、美容院で髪型を整える、美容院で髪を染める。「美容院」という名称からも、これは「美容」の代表的な方法のひとつだということは分かります。
「美容」という言葉の歴史は化粧品メーカーが生み出したネーミングだと聞いたことがあります。
それも、外的な要因をメインとしたものではなく、健康面、身体的な機能面を充実させた美しさを意味していたところが大きいそうです。
「美しさ」の基準は、時代、時代で変わっていきます。
それは流行ともいえるでしょう。
然し、人間であることには変わりはないのですから、流行よりも自分自身がどのように美しく生きるかということが先ですね。
先ずは、自分らしくある=これこそ審美学そのものです。

東京の小顔矯正サロンでおススメ

  レミスティック東京は、長い間、東京で小顔矯正サロンを続けて来ました。
小顔矯正においては「老舗」という自負もありますし、小顔矯正の技術においてはどこのサロンにも負けないという自負も持っています。
小顔矯正を東京で受けるのであれば、レミスティック東京がおススメと言われるように小顔矯正技術に進化を加えて来ました。
レミスティック東京は、小顔矯正として画期的な「顔の矯正は頭部から行うものだ」という概念、理論を開業当初から変えていません。

時の流れと共に、小顔矯正が一般的に普及すると、テレビでは小顔矯正を面白おかしく扱うために「施術が痛いという映像(絵)」「小顔矯正を受けた芸能人が痛がる映像(絵)」を求めた結果、痛い小顔矯正を行う小顔矯正サロンの施術者をテレビに出させて、小顔矯正は痛いものというレッテルを貼ってしまいました。

一昔前に、「足ツボ」が流行った時も同じです。
足のマッサージには「強く押す施術」「弱く押す施術」「痛く無いようにさする施術」などを使い分ける手法があるのですが、芸能人の足裏を強く押して痛がらせて面白がる場面ばかりが放映されました。
これは、やはり一昔前に流行った「熱湯風呂」と同じですね。
熱湯が身体に良いはずがありませんが、面白ければ良いというテレビの風潮があるため、足ツボでも小顔矯正でも痛ければ面白いというだけで、本当の意味での施術方法でもなければ、痛ければ施術効果があるとか施術効果が高いものではなく、実際はその逆だということを知っていないと、間違った施術を良い施術だと勘違いして受け続けた結果、後で後悔することになってしまいます。

小顔矯正の本当の効果を期待するのであれば、痛く無い小顔矯正を選ぶべきで、その理由は、本来の小顔矯正は痛くないものですし、痛い小顔矯正施術は危険だけで理論的な裏づけが無いからです。
痛い小顔矯正は、痛いだけで効果が有ると思い込んでしまう、小顔矯正効果が有ったものと思いたい、そんな心理的なマジックだと言えます。

効果ある小顔矯正、価値有る小顔矯正を求めるのでしたらレミスティック東京をお選びください。