BLOG

ブログ

消費者庁の措置命令について

「頭蓋骨矯正」と「小顔矯正」

ネット検索をすると、いまだに「レミスティック東京」という名称に関連して「消費者庁の措置命令」とか「根拠なし」という言葉まで紐づいて出てくるので、あらためてこの件に触れようと思う。

数年前に当店を含めた9店舗だけがなぜか槍玉に挙げられて措置命令を受けた。が、少なくとも当店においては「頭蓋骨矯正」という言葉を使っていたことによる、簡単に言えば処罰である。
では、世の中から「頭蓋骨矯正」という言葉が消えたのかというと、現在も正々堂々と?「頭蓋骨矯正」を使っている店舗はおそらく数え切れないのではないだろうか?

その様な現状が放置されている中で当店が措置命令を受けたことに対してはどうにも納得のいかないところではあるが、かいつまんで説明すると「頭蓋骨が矯正可能だということが、科学的もしくは医学的に説明が出来ない状態で、あたかも頭蓋骨が矯正可能であるかのように表示して集客するのは、頭蓋骨矯正と表示しない店舗に比べて優れているかのような誤認を消費者に与える」というもの。

「頭蓋骨矯正」というサービスを提供する以上は、「頭蓋骨が矯正可能であるという証拠を示しなさい」ということである。
そこで当店は実際の施術例の写真を複数枚数提出したものの、写真は科学的な根拠を示さないとして却下されたのであるが、「それならば、どこの誰が頭蓋骨は動かないと言っているのか?」「頭蓋骨は動かないというデータを示して欲しい」というこちらの質問や要望について、明確な回答を消費者庁側も出せないでいるので、この「頭蓋骨は動く、動かない」という論争に関しては「ドロー」とも言えるし、結論は「闇の中」とも言えるのが現時点である。

天動説と地動説に例えるなら、「天文学者は地球は動かないというのだから、地球は動くというアナタが、その証拠を見せなさいよ」「ほら、地球が動くなんて証拠(科学的なデータ)は無いんでしょ?」「だから地球は動かないのだから、地球が動くなんて言ったらダメだからね!」というお話です。

「それでは、どうして僕の撮影した写真のモニターさんの耳の高さが揃ったり、目の大きさが同じようになったり、頭や鼻の傾きが変わったりしているの?」
と僕が質問すると、「それは頭の柔らかい組織が動いたからだよ」と消費者庁。
ん?「耳の穴は側頭骨に開いているのに、耳の高さが変わったのが、柔らかい組織だけ移動したとなると、耳と耳の穴がズレてしまったということ?」などなど、いろいろな質問を投げてみたのですが、「頭蓋骨は動かなと言ったら動かないの!」と押し切られてしまったわけですね。
もちろん、納得がいかない僕は弁護士も入れて裁判も考えたのですが、そもそも法律を先に整備して、訴訟が起こされないように対策しているようなもので、何を言っても「国が勝つ」様になっているのです。
沖縄の基地問題・・・とは規模が比較になりませんが、国家には権力がありますから。

もちろん、頭蓋骨が動く、動かないの論争以前に、「頭蓋骨が動くという科学的な根拠を揃えて準備をしないまま、『頭蓋骨は矯正できる』と表記した部分については当方に落ち度があるので、「頭蓋骨は動きます」とか「頭蓋骨は矯正できます」ということは言えないのです。
消費者庁のご指摘、措置は真摯に受け止め、指導に従っております。

「頭蓋骨矯正の自信が有るのなら、データを揃えたらいいんじゃないの?」
そういうご指摘も勿論、受けるかと思いますが、「医学的データ」を取得するためには「医師やレントゲン技師、病院」の協力が必要なわけで、また、病気でも怪我でもない検証に、かなりの精度と時間を要するテストが必要になるわけですから、日本国内でデータを収集できる可能性はゼロです。

小顔矯正ならOKです

「頭蓋骨矯正」というワードは使用不可ですが、「小顔矯正」はOKです。 
その理由は、皮膚などは一時的にでも変化することは認められているからです。

しかし、「矯正」とか「補正」とかの方が曖昧ではありませんか?      補正下着や矯正下着、骨盤矯正コルセット、骨盤矯正ベルトなど、何がどう矯正されているのか明確にわからない商品も溢れている感じもしませんか?

ボヤくのはこの辺にして、「レミスティック小顔矯正」「レミスティックの頭蓋骨矯正」と表記していた時とは、施術方法に違いがあるのかというと、僕は20年以上、その手法は変えていません。                   

多くの小顔矯正が顔を矯正するのに対して、僕の矯正は頭側からアプローチして行きます。いうなれば「頭蓋骨整体」でしょうね。
頭蓋骨は矯正できなくても、頭蓋骨に対しての整体は可能です。美容院などで行うヘッドマッサージですか?
美容院で行うのがヘッドマッサージであれば、整体師の僕が行うのはヘッド整体という表現が正しいと思います。

頭部に整体を施して、血行を良くするなどすると、小顔矯正効果が生じるのですが、誰がやっても同じような結果が出せないのがレミスティック東京の技術の真髄と申しましょうか秘技・秘術でございます。
20年以上、その施術方法の原点は変えていませんが、日々進化して施術方法や技術には少しずつ変化を加えています。
その施術方法は一切、伝授していないので、その技術に名前をつけて商標登録した「審美小顔矯正」は日本にも、世界にもたった一ヶ所、レミスティック東京だけで受けられる矯正なのです。

「頭蓋骨の職人」「矯正のマジシャン」「矯正の人間国宝」
僕の矯正に驚愕したお客様は、僕のことをそれぞれに呼んで下さいます。

いかさま整体師か?本物か

消費者庁に措置命令を受けた僕は、いかさま整体師でしょうか?
それとも稀にみる、前代未聞の神業整体師でしょうか?
少なくとも20年以上、いかさまを続けられるほどの度胸はありません。
そしてまた、金儲けの巧い整体師でもありません。
だいたいにして、職人と呼ばれる人に金儲けが巧い人など居ません。
幸か不幸か僕は整体という職業を商売にせずに職業にしてしまいました。
職人根性で、自分に妥協を許さず他人にも妥協をしないので、後継者が1人も育っていないというのが、商売になっていない証拠です。

令和にレミスティックは変わる?

スタートアップメンバー募集!!

令和元年、レミスティック東京も新たな年としなければなりません。
そこで、近日中に?新しい審美小顔矯正のメニューを発表します。
これまでの職人技のフルオーダーメードの審美小顔矯正に対して、もう少しカジュアルな感覚のセミオーダーメードの審美小顔矯正を考案しました。

今回、新しい技術の考案に併せて、スタートアップメンバーも募集します!
新しい審美小顔矯正を一緒に育てて下さる、二人三脚メンバーです。

詳細は後ほどホームページなどで公開募集をさせて頂きますので、今後ともレミスティック東京をどうぞよろしくお願いいたします。