BLOG

ブログ

小顔矯正とメンタルケア シリーズ2

小顔矯正のメンタルケアの2回目の投稿です。

人は誰でも優しくしてもらいたいですし、
出来れば優しく寄り添ってくれる相手が居ることで、
心から癒されます。

優しさの原点はいろいろと考えられるでしょうが、
そのひとつが「理解」ではないでしょうか。

相手や自分がどのような気持ちの状態であっても、
それを理解してあげたり、理解されたりすることで優しさが生まれます。

顔の矯正=小顔や顔の歪みに関する悩み、頭の形の悩みは、
本人だけの悩みであることが多いもの。
だからこそ人知れず悩み、相談する相手も選んでしまいますし、
なかなか相談すら出来ない内容の悩みだと言えます。

相談をしたところで「全然、気にすること無いよ」「気にし過ぎだよ」というような
答えが返って来る事が予想されてしまうから相談に躊躇してしまうのでしょう。

そのような悩みを親身になって聞いてくれて、気持ちに寄り添ってもらえたら、
それだけでも十分に気持ちが癒され、救われるはずです。

レミスティック東京のモットーは、お客様の悩みを聞き、理解し、お客様の気持ちに寄り添うこと。
そのためにはカウンセリングの時間が5分や10分ではとても足りるものではありません。
当店のカウンセリングは平均60分。
お客様のお顔の悩みについては、その場で写真撮影をして、大きなモニターに映しながら、
お客様の悩みを正確に理解して、歪みの状態を分析し、施術の方針を考えます。
この一連の流れの中でお客様の気持ちに少しでも寄り添うことが出来たなら、
少しでも近づけることが出来たならば、施術の第一歩がそこから始まります。

お客様の悩みをいい加減に聞かない
お客様の悩みを真剣に受け止めて向き合う
お客様の悩みを理解して解決に導く

これは大切な要素です。