小顔矯正 効果 生活習慣では顔は歪まない?

顔や頭のゆがみは胎児や幼児期の成長段階での発生を考えるのが自然です。
ここで挙げるような生活習慣や内蔵の問題で歪むと怖がる必要はありません。

例えば、片方の歯で噛む癖がある場合、
片方の歯で噛みやすい顔の歪みが在ると考えるべきです。
脚を組むから骨盤が歪むのではなく、骨盤が歪むから脚を組みたくなるのです。

生活習慣で頭部やお顔は歪みません。

歪みからくる体調不良

小顔矯正 効果 顔の歪みとカラダの歪みの関係

頭蓋骨と、首から下の人体の構造はまったくことなります。
結論から言うと、骨盤の歪みと顔の歪みは関係が無いに近く、
頭蓋骨を除いた、首から下のカラダの歪みは
筋肉の影響によるものだと切り分けて考えて下さい。

顔の歪みは先天的な要因によるもの、カラダの歪みは生活習慣などの
後天的なものと考えるべきだと思いますし、
施術もそれぞれに異なった施術が必要となります。

小顔矯正 効果 ナンセンス?な思い込み。

・食事の時に片方の歯で噛むことが多い(片噛み)
・頬杖をつく
・うつ伏せ寝をする
・内臓の調子が影響する
・骨盤・骨格の歪みが影響する

これらが顔の歪みに影響するのであれば、
毎年、大きく人相が変わってしまいます。
また、これらの習慣を改善しても顔の歪みは改善されません。

後天的な原因の歪みの可能性は低いです。